まとめサイトとは?まとめサイトのメリット,まとめサイトの作り方,まとめサイトの問題点,アフィリエイト活用の注意点

ブログを資産化し安定した月10万円を稼ぎさらなる自動収益を構築する戦略と戦術

まとめサイトとは?まとめサイトのメリットと作り方・運営方法から問題点とアフィリエイトでの注意点を学ぼう

里見です。

 

今回はここ最近特に注目されている

『まとめサイト(キュレーションサイト)』について

より深くお話していこうかな、と思います。

 

なぜ『まとめサイト(キュレーションサイト)』について

ここで書こうと思ったかというと、

 

これからアフィリエイトを

やっていこうと考えている人からよく

 

「まとめサイト(キュレーションサイト)って稼げるんですか?」

「まとめサイト(キュレーションサイト)がいいって聞くけど

問題ありそうで不安」

 

といったことを聞かれるので

今回ちょっと集中して書いてみた次第です(^_^)b

 



 

◆まとめサイト(キュレーションサイト)とは

 

まず『まとめサイト(キュレーションサイト)』とは

どういったものなのか。

 

Wikiペディアによれば以下のように記載があります。

――引用――

特定のテーマで情報を収集・編集したウェブサイトのこと。

キュレーションサイトともいう。

ウェブ上の情報を特定のテーマで集め、まとめたサイトである。

話題の出来事などについての情報を手軽に読める形で閲覧者に提供する。

人力でまとめるものだけでなく、テーマに沿って自動的に収集・編集されるものもある。

以下略

――――

参考:ウィキペディア

 

もっとかみ砕いて言えば、

ネット上のニュースや画像、動画などの情報を集めて、

それを上手にまとめて掲載しているサイトのことですね。

 

メジャーなものだと

『NAVERまとめ』や『2ちゃんねるまとめ』

といったところが有名です。

 

まとめサイト(キュレーションサイト)の

コンテンツ(記事内容)は

他のサイトからの情報を集めてくるものなので、

引用という形でコピペしてくれば

簡単に出来上がるものが多いです。

 

そこに自分の意見感想を少しプラスすれば

それだけでもオリジナルコンテンツとも言えるんですね。

 

なので、まとめサイト(キュレーションサイト)は

とても作成しやすい上に、

情報がまとまっていてユーザーにとっても

便利なサイトという評価をしてもらいやすいのです。

 

そういったことからも

今、まとめサイト(キュレーションサイト)を作って

アフィリエイトをしていこうとする人がとても増えてきています。

 

 

◆まとめサイト(キュレーションサイト)の種類はどんなものがあるか

 

まとめサイト(キュレーションサイト)といってもいくつか種類があります。

僕の見立てではありますが、

「運営方法による分け方」と「作り方やターゲットによる分け方」

ができると思います。

 

まず運営方法による分け方では2種類あります。

 

1,運営会社がユーザー向けにまとめサイトを作る場を提供しているタイプ

『NAVERまとめ』や『ADまとめ』といった、

ユーザーがまとめサイト(キュレーションサイト)を簡単に作れるように

大手企業がプラットフォーム※を用意してくれているタイプです。

 

「外部キュレーションメディア」とか言われたりします。

 

運営会社の方でまとめサイトを構築する

仕組みややり方を提供してくれているので、

誰でも簡単にまとめサイトを作ることができるため、

今も非常に人気のあるサービスです。

 

なので、まとめ記事を1つ1つを足した全体で捉えれば、

『NAVERまとめ』なんかは月に26億PVという

ものすごいアクセス数を誇るサイトになっています。

※システムやサービスの土台という意味

 

2,1つの記事に対してユーザーが加筆修正を加えていくタイプ

まとめサイト(キュレーションサイト)自体をユーザーが作るのではなく、

1つの記事やテーマに対して何人ものユーザーが文面を加えたり

修正したりしてくみ上げていくタイプです。

 

一番有名なもので言えば

『ウィキペディア』がまさにそれですね(^_^)b

 

こういった記事の書き方、作り方を「ウィキ記法」と言い、

ウィキ記法で書かれたまとめサイトは「まとめwiki」

と呼ばれます。

 

1つの記事テーマに対して多くのユーザーが

書き込みをしていくことになるので、

書いてくれるユーザーがある程度いれば

運営側が書き込みをしていかなくても

記事のボリュームを自然と増やしてもらうことも可能です。

 

軌道に乗ってくれば運営も楽だと言えます。

 

次に作り方やターゲットで分類した

まとめサイト(キュレーションサイト)の種類です。

 

これは別に決まった種類というわけではなく、

僕がある程度種類分けしたものなので、

その点はご承知おきを(^_^;)

 

1.2ちゃんねるまとめサイト


(出典:ハムスター速報:http://hamusoku.com/)

 

恐らくまとめサイト(キュレーションサイト)というと

先ほどのNAVERまとめよりもこっちを思い浮かべる人も

多いんじゃないでしょうか?

 

2ちゃんねるに立ち上がっているスレッドから

特定のジャンルやテーマに沿ってまとめているサイトのことです。

 

2ちゃんねるはすでに膨大なスレッドがあって、

その中から自分が読みたいと思うものを探すのは

かなり大変な作業になります。

 

そんな中で2ちゃんねるまとめがあれば、

そこを見れば自分が見たいスレッドやレスだけを

見ることができるので、とっても便利なわけですね。

 

2ちゃんねるをまとめているので主なターゲットは

やっぱ男性ですね^^

 

2.速報ニュース系まとめサイト


(出典:『ニュース速報まとめ桜』:http://matomesakura.com/

 

主に時事ネタや事件といったニュースになっている話題を

まとめたまとめサイト(キュレーションサイト)になります。

 

やっぱニュースになっていることは

誰しもニュース自体も知りたいし、

それに関連した情報も知りたいと思いますからね。

 

でも、ニュースってだいたい概要とかだけで

もっと深掘りして知りたい内容が薄かったりします。

 

そこにこういった速報ニュース系のまとめサイトがあれば、

1度に関連した情報を読むことが出来るので

非常に便利だし、とても役に立ちますよね。

 

2ちゃんねるまとめと被るものもありますが、

ニュースを取りあげるので

ある程度ターゲットの幅は広いまとめサイトです。

 

3.女子系まとめサイト


(出典:ガールズまとめ~Girly~:http://girly.today/

 

ここ最近注目を集めているのが

「女子をターゲットとしたまとめサイト(キュレーションサイト)」

です。

 

どういったものかというと、

たとえば今の季節にあった着こなし方をまとめたり、

おすすめのメイクの仕方をまとめたり、

ファッションとか美容をテーマにして

情報をまとめているサイトです。

 

すでにファッション系の大手企業でも

NAVERまとめと同じように

読者から記事を集めて大きな情報まとめサイトに

しているようなところも出てきています。

 

もちろん女性がメインのターゲットですが、

男性でも読める内容のまとめサイトもありますね。

 

4.動画まとめサイト


(出展:ねこわん:http://nekowan.com/)

 

まとめサイトでも特にYouTubeやニコニコ動画などの

動画を中心にまとめているサイトのことです。

 

すでにYouTubeやニコニコ動画などの

動画自体がとても需要が高くなっており、

『YouTuber』になりたい、

という小学生が激増していると言われるほど、

注目されているジャンルです。

 

ここ最近では「ピコ太郎」の『PPAP』が

世界中で関連動画まで含めると

1億3400万回を突破しているそうで、

YouTubeの再生回数からの広告収入だけで

2,500万円とも言われています。

 

動画ビジネス自体がすでに大きな市場なんですね。

 

その動画を作るのではなく、

YouTubeなどからテーマやジャンルに沿って

まとめているのが動画まとめサイトです。

 

YouTubeなどでは、

制作者が公開可能としてあれば

動画を引用して共有することも公認されているので、

著作権に怯えることなくサイト構築も可能なので

ここ数年ではもっとも増えている

まとめサイトと言ってもいいかもしれません。

 

 

◆まとめサイト(キュレーションサイト)のメリット

ということで、

まとめサイト(キュレーションサイト)について

いろいろ触れてきましたが、

そろそろアフィリエイトにも関連した話を

していきたいと思います。

 

まとめサイト(キュレーションサイト)は使う方も作る方も

ひっぱりだこだと言えるほど人気があります。

 

なぜそれほどまでにまとめサイトが

人気があるのかをお話しましょう。

 

 ユーザーにとってのまとめサイトのメリット

まとめサイト(キュレーションサイト)のメリットはずばり

「ネット上に溢れかえる情報を読者にとって

読みやすい内容にまとめている」

という点ですね。

 

十数年前くらいからインターネットが普及し、

サイトやブログも手軽に作れるような環境が整ってきたことで、

いち個人であっても手軽に情報を

発信出来るようになってきました。

 

そのことは経済向上や文化の普及にとって

非常に重要でありかつ価値のあることです。

 

しかし、その分良くも悪くも

1つの事柄に関しても様々な情報が

出てくるようになりました。

 

もちろんGoogleエンジンも精度が上がってきて

自分の調べたい情報を得やすくなってはいますが、

それでも溢れかえる情報は増える一方で

必要な情報をピンポイントで探していくというのは

かなり骨の折れる状況になってきています。

 

そんな中で

『まとめサイト(キュレーションサイト)』のように

1つのテーマに沿って

ネット上の情報を集めてきてくれているサイトは

非常に効率的で役立つわけです。

 

ビジネスにおけるまとめサイトのメリット

 

個人でまとめサイト(キュレーションサイト)を作って

アフィリエイトをして稼いでいる人も増えていますが、

実は大手企業でもまとめサイトを利用してきています。

 

なぜならまとめサイトが

使いやすく分かりやすいということで

ユーザーからの評価が高くなっているからです。

 

まとめサイトはすでにあるサイトや

他のSNSや2ちゃんねるなどを情報源にしているので、

簡単に記事の内容を書いていくことができ、

しかもテーマによってはアクセスを集めやすいんですね。

 

そういったことでまとめサイトに対して

ユーザーからの反応が高くなっているので、

企業側としても普通にサイトを持つよりも

情報の拡散力が高いと判断し始めたということです。

 



 

◆まとめサイトのアフィリエイトで稼ぐビジネスモデル

まとめサイト(キュレーションサイト)は他のサイトやSNSから

情報を集めてまとめれば作れます。

 

引用する条件を満たすことで他からの文面をコピペでも

全くダメということにはなりません。

(著作権等の問題については後で説明します)

 

かなり簡単に作れる上に

検索ユーザーからも便利で役に立つということで、

Googleからの評価もまとめサイト自体高くなっています。

 

検索エンジン&ユーザーから

好評価をもらえるサイトになるので、

アフィリエイトに活用して

稼いでいこうとしている人も増えています。

 

しかし、

ただコピペだけでまとめサイトを作って運営すれば

稼げるかというともちろんそんなことはありません。

 

まとめサイト(キュレーションサイト)はまとめサイトなりに

ビジネスモデル、運営方法があるわけです。

 

まとめサイト活用したアフィリエイトで

稼いでいくビジネスモデルはどういったものか

解説していきます。

 

まとめサイト(キュレーションサイト)で稼ぐ仕組みとは

まとめサイト(キュレーションサイト)を使って

ネット上からお金を稼いでいく仕組みというのは

2つ存在しています。

 

1つは「NAVERまとめ」や「ADまとめ」といった

外部キュレーションメディアを利用して収入を得る方法です。

 

外部キュレーションメディアに登録して、

そこで作ったまとめサイト(キュレーションサイト)に

ユーザー(アクセス)をたくさん集めることで

獲得できた閲覧数(PV)×報酬率で金額を手にできる

といった稼ぎ方があります。

 

この方法もダメとは言いませんが、

デメリットの方が多いと言えます。

 

このような点です。

・まとめサイトを好きなようにカスタマイズもできない

・広告も提供元のものしか使えないサービスが多い

・収益性が驚くほど悪い

アフィリエイトで稼ぐという面からすると、

使ってもいいけどメインの収入とは考えない方がいいでしょう。

 

 

もう一つのまとめサイトの稼ぎ方としては

「自分でまとめサイト(キュレーションサイト)を

作って運用管理する方法」です。

 

自分で作るということは

基本的にはどんなアフィリエイト広告も貼れるし、

いろいろな戦略に使えるので

やはり自分で作った方が収益性は高いと言えます。

 

なので、これからまとめサイトを利用して

アフィリエイトで稼ごうと思うなら

自分で作るまとめサイトでの運営を目指しましょう。

 

そんなまとめサイトをアフィリエイトで活用し、

大きな収益を確保するためのビジネスモデルを学びたい人は

こちらを参考にしてみてください^^

↓    ↓    ↓

まとめサイト(キュレーションサイト)を上手にアフィリエイトに活用するノウハウ商材のレビュー

 

 

◆まとめサイト(キュレーションサイト)を作る方法

 

自分でまとめサイト(キュレーションサイト)を作る

といっても方法はいくつかあります。

 

大きくは無料と有料がありますね。

 

無料のまとめサイト(キュレーションサイト)の作り方としては

やはり外部キュレーションメディアを使うのが王道です。

 

収益性が低いのであまりオススメはしませんが、

無料でまとめサイト(キュレーションサイト)を作るには

とても簡単で誰でもできる方法です。

 

そこで、ウォーミングアップのため

外部キュレーションメディアを使った稼ぎ方も

ここで学んでおきましょう。

 

特に有名なNAVERまとめを使った稼ぎ方に触れます。

 

NAVERまとめの使い方稼ぎ方

NAVERまとめであれば、

まずはこちらへアクセスして無料会員登録をします。

右上の画面に会員登録があります。

↓  ↓  ↓


NAVERまとめ

(https://matome.naver.jp/)

 

本登録まで済ませ、ログインしたら

左上の「まとめ作成」をクリック。

 

記事作成の画面が出てくるので記事を作成します。

 


 

することはシンプルに2つです。

 

1.タイトルを決めること

2.アイテムを追加すること

 


 


 

タイトルはいいとしてですが、アイテムというのは

他のサイトの文章や画像・動画を引用する

入れ物みたいなものです。

 

これらを先に指定しておいてから

実際に入れたい画像や動画、ツイッター文とか

入れていくという方法になります。

 

画像やらリンクやら

まとめたい情報を集められて完成したら

右上の[公開]ボタンをクリックすればいいだけです。

簡単ですね(^o^)

 

ただし、単純にいろいろ引用するだけではダメなんです。

 

NAVERまとめで稼ぐために大事なポイントは

「ニュースまとめはニュースが出たらすぐに投稿するスピード」

「専門分野のキュレーションはかなり専門的に」

というもの。

 

まぁでもこの辺は普通にサイトアフィリエイトでも同じですよね。

 

どちらにしても

NAVERまとめで稼ぎたいなら

普通にサイトアフィリと同じように

コンテンツの内容を意識して

記事作成をするべきということです。

 

 

これで記事は出来るようになったわけですが、

重要なのは報酬制度です。

 

NAVERまとめでは基本的な報酬の割合は

「ポイント」というPVを元に計算される数値と

「レート」という『インセンティブ制度』による数値

を元にして計算されています。

 

インセンティブ制度というのは何かというと

ちょい分かりづらいので、

NAVERまとめのヘルプから引用します。

 

インセンティブポイントの計算方法

弊社が支援したいと考える「まとめ」や「活動」(後述)に、より多くのインセンティブが付与されるよう、まとめページの内容、複数のアクセス数値や係数を元に、独自のインセンティブポイントを計算し毎日『見込ポイント』を付与いたします。
また翌翌月の上旬には、未検知のロボットアクセスなど無意味なアクセス情報をクリーニングして算出しなおした月間の『確定ポイント』を付与させていただきます。

(引用元:NAVERヘルプセンター:http://help.naver.jp/faq?itemNo=1155)

 

分かりづらいですけど(^_^;)

 

まぁようはNAVERまとめ側が支払いに相当すると

判断された「活動」や「まとめ」に対して

報酬が発生する仕組みです。

 

これにより加算されるのがレートというもの。

 

基本は0.2でそれが奨励者の条件を満たすことで

ランクアップできるもの。

同じNAVERまとめを利用している人からの評価ポイント

みたいなものですね。

 

このポイントとレートからの報酬の割り出し方は

提供元でしか分からないものになっているようです。

 

しかも、多くのアフィリエイターが

「NAVERまとめは稼げない」

ということを言っています。

 

まとめサイトで一般的に知られている方法は
NAVER まとめなどに記事を投稿して
閲覧数に応じた報酬を稼ぐ方法です。
この方法の最大のマイナス点は
いくら閲覧数を稼いでも稼げる金額が恐ろしく低いことです。

実際、アフィリエイト初心者に人気があるアドセンス報酬よりも
遥かに少ない金額しか稼げません。
数多くのキュレーターがNAVER まとめに記事を投稿していますが
儲からないのに記事を投稿する意味が理解できません。

それであれば自分でまとめサイトを運営して
アドセンス広告を設置する方が効率的に稼げます。

間違ってもNAVER まとめを代表するまとめサイトに
記事を投稿するビジネスモデルを選んではいけません。


安い報酬でたくさんの記事を投稿させている
まとめサイトを喜ばせるだけです。

絶対に選んではいけない方法です(苦笑

 

引用元『レオンの公式ブログ』:http://matome252525.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

 

 

2年以上やって2,366円って

一体・・・・???

・・・・な世界な訳ですね、これが。。。。

 

引用元『かえるくん総合研究所』:http://www.moneynanpa.jp/entry/2015/04/19/121243

 

こういったコメントを見る限りだと

NAVERまとめで稼ぐのはかなり大変のようです。

 

目指すとしても数千円くらいのお小遣い

といったところでしょうか。

 

NAVERまとめを利用している人も多いとは思いますが、

これをメインの収入と考えるのはやっぱり危険ですね。

 

なので、これからまとめサイトを使って

アフィリエイトで稼ぎたいなら、

自分でまとめサイトを構築する方法を取り組みましょう。

 

2ちゃんねるまとめサイトを作る方法(2chまとめくす)

自分でまとめサイト(キュレーションサイト)を作る方が

収益面で言えばいいわけですが、

 

実は2ちゃんねるのまとめサイトなら

無料で使えるWebツール(ブラウザで使うツール)を使って、

比較的簡単にまとめサイトを作ることが可能です。

 

構築の手段としては無料のツールを使い、

2ちゃんねる風のまとめサイトの記事から

好きなスレッドをコピー引用し、

自分が立ち上げた無料ブログやWordPressに貼り付けて

どんどん記事コンテンツを積み上げていくという方法です。

 

これなら自分の持っているブログが利用できるし、

かなり簡単に記事自体は作れるようになるので、

まずこのやり方をやってみてもいいと思います。

 

 

では2ちゃんねるまとめサイトを作る方法ですが、

ここでは無料のWebツール「2chまとめくす」を使います。

 

『2chまとめくす』

 



 

1.メールアドレスとパスワードを入力して登録を行い、

届いた本登録URLをクリックして本登録を完了させます。

 

2.いきなり書き始めるのではなく、まずまとめの対象となるサイトを選びます。

2ちゃんねる自体は2014年に転載コピー禁止となってしまったので、

直接コピペの引用をすることはできません。

 

なので、2ちゃんねる風のサイトを選んでいきます。

いくつか転載コピーも可能なサイトもありますが、

一番使いやすいのは「おーぷん2ch」でしょう。

 

『おーぷん2ch』

 



 

3.おーぷん2chを開き、左上の「ヘッドライン」で情報を集める

スレッドを探していきます。

 


 

ここからできるだけ注目度の高いスレッドを狙って探します。

 

4.検索条件としては「板名」はあまり当てにならないので、

下記のようにしておきましょう。

 


 

この条件で検索をかけると結果が出てくるので

ここからまとめられそうなスレッドを見つけ、そこのURLをコピーします。

 

5.「2chまとめくす」に戻り、真ん中辺りのURL入力欄にペーストします。

 

 

その後、「内容を取得」のボタンをクリックします。

 

6.「読み込みに成功しました」というメッセージが出たら、

管理画面のようなページに移動します。

 

 

 

7.ここからが2ちゃんねるまとめでの腕のみせどころ!

スレッドに目を通して、必要なレスだけを絞り、

コンテンツとして面白い(←ここ大事です!)ように

まとめていきます。

 

この時、レスの数が多いのであれば、

最初にNo.で絞って内容を取得することもできます。

 


 

8.まとめができたら、上の「タグ発行」をクリックします。

 

すると発行されたタグ情報が出てきますので、

「本文」と「続きを読む」それぞれのタグをコピーします。

 


 

9.自分の持っているブログの管理画面を開き、

新規投稿などのテキスト画面に貼り付ければ、

2ちゃんねるまとめの完成です。

 

 

 

これであれば2ちゃんねるまとめサイトも

比較的簡単に作成することができます。

 

WordPressを使ってまとめサイトを作る方法

 

次はいよいよWordPressを使った

まとめサイト(キュレーションサイト)の作り方です。

 

まずWordPressを使うことになるので、

レンタルサーバーや独自ドメインといった

費用のかかるものがあります。

 

つまり無料ではないということは注意しておきましょう。

 

で、予想がある程度できると思うのですが、

WordPressでまとめサイトを作る場合、

 

『プラグイン』『テーマ』を使います。

 
まとめサイト(キュレーションサイト)を作るためのWordPressのプラグイン
 

まずまとめサイト(キュレーションサイト)を作る場合、

基本的には他のサイトから情報を集めてまとめればいいので、

サイト探しから記事をまとめるところまで

自分で全部手動でやってももちろん作ることが可能です。

 

しかし、まとめる作業を真っ向でしていると

かなり時間も労力も掛かるわけです。

 

その時間と労力を軽減してくれるのが

『プラグイン』です。

 

これまでもまとめサイトの作業効率を上げる

プラグインというのがいろいろなブログでも

紹介されてきました。

 

それが以下のプラグインです。

 

『storify』

『expresscurate』

『spectrum』

 

『expresscurate』は完全に英語版であり、

どちらかというとまとめサイトというよりも

アンテナサイトを作るプラグインですね。

 


 

アンテナサイトについての詳しい記事はこちら

⇒アンテナサイトとはアフィリエイトで稼ぐことができるの?

 

そして『Spectrum』については有料のもので、

以下の3つのプランがあります。

 

・月々5,000円(1サイト)のプランと

・初期費用30,000円で年間1万円(1サイト)プラン、

・初期費用100,000円で年間1万円(5サイト)のプラン

 

これだとあまりコストパフォーマンスが

いいとは言えませんので、おすすめはできないかと。。。

 


 

最後の『storify』

これは英語版しかないのですが、

WordPress用まとめサイトのプラグインとしては

このstorifyが一番使えると思います。

 

このstorifyを使えば、

Facebook、twitter、instagram、youtube、googlePlus

といったSNSなどから

 

自分が持ってきたい情報を

ドラッグ・アンド・ドロップだけで

自分のWordPressの記事に引用できるため

非常に使い勝手がいいです。

 

英語が苦手でも使いこなせれば

かなり使えるプラグインです。

 

ちなみに仕組みとして

StorifyというのはNAVERまとめと同じような

外部キュレーションメディアなのです。

 

そこに投稿する記事とプラグインで

WordPress上にも記事を同時に投稿させる

といった、そういった仕組みです。

 

なのでstorifyのサイトに

まとめサイトを投稿するのと同時に

プラグインで自分のWordPressにも

投稿されるような仕組みなんですね。

 

まとめサイトはいろいろなSNSなどから情報を集めてくる

という部分に時間と労力がかかるので、

このstorifyであればまとめる作業を

かなり効率的に作業ができると言えるでしょう。

 

ではstorifyの使い方です。

 
WordPressでプラグイン『storify』の使い方
 

1.まずはstorifyのサイトでアカウントを登録します。

Storifyhttps://storify.com/

 



 

右上の「Sign Up Free」または下の「storify Free Sign Up」から

登録作業に入ります。

 


 

Facebookやツイッターのアカウントでも登録可能なので、

すでに上記どちらかのアカウントを持っているなら

そのアカウントで登録しましょう。

※登録をしないでプラグインだけ追加しても

上手くstorifyが表示されないので注意です。

 

2.次にプラグインの追加をします。

 


 

新規追加から「storify」で検索して、storifyを「今すぐインストール」

インストールが完了したら、そのまま「有効化」します。

 

3.有効化ができたら左のメニューに「storify」のメニューが出来ているので、

そこをクリック。

 


 

4.ツイッターかFacebookでログインするように促されるので、

どちらかのアカウントでログインしましょう。

 

登録がまだなら1.の登録作業を先にやりましょう。

 

5.画面が変わり「storify」のサイトと連携する形でプラグインが稼働します。

 

右側にFacebookやツイッターのボタンがあり、

情報を持ってきたいボタンをクリックした後、

集めたい情報のキーワードを入力します。

 


 

たとえば「YouTube」から「抜け毛」を

テーマにしたの動画を集めてまとめる場合、

 

このように検索すればYoutube上の

抜け毛に関する情報を持ってきてくれます。

 


 

あとは必要なものだけを右のカラムから左のカラムへ

ドラッグ&ドロップします。

 


 

7.ツイッターからも「抜け毛」というテーマで

情報を集めてキュレーションしましょう。

 


 

8.問題がなければタイトルを入れます。

 


これは上の図のように英語でないとダメです(゚◇゚)ガーン

バグで日本語対応ができていないようなので、

ここは諦めてw

適当でいいのでアルファベットで入力しておきましょう。

 

9.まとめが完了したら上の「Publish」のボタンをクリックします。

「サイトを離れてもよろしいですか」と出ても気にせず進みましょう。

これでstorifyのサイトとWordPress上の記事への投稿ができた事になります。

 

 

 

10.ここまでできたらWordPress上に投稿した記事のタイトルを

日本語に直して、更新すれば完了です。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Facebookやツイッター、YouTubeからの情報まとめが

スイスイとできるのでかなり便利ですよね。

 

ただここで気をつけて欲しいことがあります。

 

無料のWebツール『2chまとめくす』や

WordPressプラグイン『storify』を使えば

かなりスムーズにまとめサイトが作れます。

 

しかし、その便利さにおぼれてしまって

適当なまとめばかりしていると

稼げるようなまとめサイトを作ることは出来ません。

 

著作権も配慮するとただ引用だけではダメなので、

しっかりとあなたの感想やレビューなど

文面も盛り込むことも忘れないことが大切。

 

そういったことで

まとめサイトをアフィリエイトで活用して稼ぐには、

ブログサイトの構築方法、広告の選定、集客戦術など

重要な要素がたくさんあります。

 

それを抜かしてしまっては

仮にまとめサイトの恩恵を受けて

偶然報酬が取れたとしても、

それは本当に偶然でしかないでしょう。

 

しっかりとした

『まとめサイト×アフィリエイトで稼ぐノウハウ』

を身につけている必要があるわけです。

 

そんなまとめサイトを自分で立ち上げて

アフィリエイトで活用して稼いでいく方法を

1つ1つ丁寧に解説している教材があります。

 

それがQPA(クイックキュレーションパズルアフィリエイト)

という教材です。

 

まとめサイトをアフィリエイトで活用する戦略と

ノウハウなどが非常に丁寧に書かれています。

詳細はこちらをご覧ください。

↓   ↓   ↓

QPA(クイックキュレーションパズルアフィリエイト)詳細ページ 

 

また僕の本気のレビューもありますので、

そちらも参考にしてみてくださいね(^_^)b

 ↓   ↓   ↓

まとめサイト(キュレーションサイト)を上手にアフィリエイトに活用するノウハウ商材のレビュー

 
まとめサイト(キュレーションサイト)用のテンプレート(テーマ)
 

まとめサイト(キュレーションサイト)をWordPressで作る時に

サイトのデザインとなるテーマ(テンプレート)も

まとめサイトに馴染んだテーマを使った方が

見やすい読みやすいというメリットがあります。

 

選択のポイントとしては

あまりヘッダー画像が大きくならないものです。

 

まとめサイトで大事なポイントの1つとして

ユーザーが欲しい情報が見つかるように

より多くの情報が入っていること。

 

なので別にヘッダーの画像はそれほど重要ではありません。

 

なのに画面いっぱいに主張するようなヘッダーは

逆効果になりかねないので、

入れるなら最小限でおさえられる

というのがいいかなと思います。

 

いくつかオススメのテーマを紹介しておきましょう。

 
まとめサイト(キュレーションサイト)におすすめのテンプレート
 

【無料テンプレート】

 

1.『Stinger』

stinger
http://wp-fun.com/

 

2.『Hueman』

hueman
https://ja.wordpress.org/themes/hueman/

 

3.『Simplicity』

simplicity01
https://wp-simplicity.com/

 

無料のテーマは無料なのはいいのですが、

無料である分カスタマイズ性に劣っていたり、

サポートが受けられなかったりしますので、

その点は注意が必要です。

 

Stingerなんかは普通のブログでも

使っている人も多いのでいいかと思います。

 

僕も持ってるブログのいくつかは

Stingerを使っていたりします。

 

次は有料のテーマを紹介しますね。

 

【有料】

1.『BlogPress(TCD010)』


http://wp-dp.com/wp010/

 

2.『ストーク』


https://open-cage.com/

 

3.『UnlimitedTHEWORLD』



http://www.unlimited-template.com/

 

テンプレートは別にアクセスや収益に関係ないから

無料のものでもいい、

なんて意見もあったりしますが、

やっぱりせっかくブログに来てくれる方に

見栄えがよく見やすいデザインにするのは

大事なことだと僕は思います。

 

なので、こだわったサイトやブログだと

やっぱりテンプレートも有料のものを使います。

 

機能面でも有料のものはいろいろあるし、

サポートもついていたりするので、

使い方や応用をメールで問い合わせできたりもするので、

本格的に打ち込みたいのであればやはり有料がいいでしょう。

 

 

◆まとめサイト(キュレーションサイト)の問題デメリット

さて最後となりますが、

まとめサイト(キュレーションサイト)の問題点やデメリットについても

触れておきたいと思います。

 

まとめサイト(キュレーションサイト)の問題といって

すぐに思い浮かぶことが

『DeNAのWELQ(ウェルク)』の問題です。

 

ニュースにもなったので

ご存じの方も多いかと思いますが、

今一度どういったことだったか

見直してみましょう。

DeNAのWELQはなぜ問題になったのか

まず『WELQ』というのがどんなまとめサイトとして

運営していたかを見てみましょう。

(すでにWELQは閉鎖しているので僕なりに調べた情報を元に

書いていますので、もしかしたら多少事実と違う可能性もありますが

その点はご了承ください)

 

WELQというのはDeNAの傘下にあった

健康・医療系まとめサイト(キュレーションサイト)で、

不特定多数のプロアマ含めたライターによって

記事が投稿されて運営されていたサイトです。

 

「不特定多数」のライターによる

記事投稿でなりたっている

企業が運営するまとめサイトというのは、

実はけっこうあります。

 

やはり1人が知りうる情報で

1つのサイトを構成するよりも

より多くの人の知恵や情報を出し合って

サイトを構築した方がより多くの情報が集まります。

 

そしてサイト自体のコンテンツもボリュームが増えるし、

ユーザーにとっても情報が読みやすくなって便利になりますし、

検索エンジンからの評価も上がりますからね。

 

視点を変えれば、

Yahoo!知恵袋やウィキペディアだって

プロとは言えない人の知恵や情報で

成り立っているわけですから、

近い運営方法だと言ってもいいかもしれません。

 

なので、不特定多数のライターの記事による

まとめサイト(キュレーションサイト)の運営方法が

絶対問題というわけではないということです。

 

 

 

ではなぜWELQはあれほど問題となり、

ニュースに取りあげられて公開中止にまで

追い込まれてしまったのでしょうか。

 

その理由は

サイトに投稿される記事の管理に問題があった

ということです。

 

簡潔にまとめると問題点は3つありました。

 

・人の生き死ににも影響を及ぼす

 医療関係の記事に信憑性がなかった

 

・明らかに他のサイトから引用した内容の

 記事にも関わらず引用元の記載がなかった

 

・コンテンツ記事作成のマニュアルに

 他のサイトからのコピペを促すような記述があった

 

まずWELQは健康・医療系まとめサイトであり、

「頭痛」「吐き気」「だるい」「肩こり」といった

検索数の非常に多いキーワードでの記事が多数あったようです。

 

これらのキーワードで検索上位になれば

非常に大きなビジネスチャンスとなるものなので、

それらのキーワードを元にして検索上位を狙うのは

ビジネスの方針としては間違ってはいないと思います。

 

しかし、WELQでは検索上位を狙うあまり

記事の内容に信憑性がないまま投稿されていた、

もしくは倫理的に問題があったということです。

 

たとえば、

「肩こり」で書かれた記事の内容で

幽霊が原因というようなことが書かれていたり、

「死にたい」というキーワードで

検索結果に出てきたWELQの記事では

商品紹介サイトへのリンクばかりだったとか、

記事の内容に問題点が散見されていたということです。

 

また、専門機関がWELQの医療記事の内容を調べたところ、

医師のブログの内容を無断でコピペしていたり、

他の記事に掲載されている写真を勝手に使っていたりしていた

ということも問題になった点です。

 

そしてもう1点問題だったのが、

ライターに記事を書かせるために用意された

マニュアルにも他のサイトからのコピペを

すすめるような記載があったということ。

 

 

こういった問題点の元になっているのは

SEO対策だけを狙った外注による大量記事投稿です。

 

元々医療関係のネット上への情報公開については

非常にナーバスになっていて

取り締まりが厳しい分野でもあります。

 

そんな中で企業利益を最優先させて

SEO対策狙いの大量記事の外注によって、

 

記事の内容などに対しての把握管理・校閲などが

おろそかになってしまったことで

大きな問題を引き起こしてしまった

ということです。

 

まとめサイト(キュレーションサイト)は

他のサイトの情報を集めてまとめる

という記事作成術なので、

自分でゼロから書くよりも早く記事コンテンツを

作り上げることが可能です。

 

しかし、その分記事の引用における配慮や

サイトの運営方法については

十分注意する必要もあるということですね。

 

まとめサイト(キュレーションサイト)における著作権

まとめサイト(キュレーションサイト)は

他のサイトなどから情報を集めてまとめ、

記事コンテンツを作る

というのが運営方法ではありますが、

上記のように著作権については

十分に配慮する必要があります。

 

まずネット上で問題にされている

『著作権』について触れておきましょう。

 

とはいえ、僕は法律家ではありませんので、

全てをここで話すことはできません。

 

まとめサイト(キュレーションサイト)を作る、

またはブログやサイトなどを運営する上で

著作権への配慮すべき点を中心に書いておきたいと思います。

 

 

まず、他のサイトに書いてある記事文章、画像、動画などを

自分のサイトやブログ、ツイッターやFacebookなどのSNSに

ただコピペしてしまうと問題になります。

 

もちろん人が作った音楽や歌詞を

そのままを載せてしまうと、

たとえ紹介という意図としても、

それも著作権違反に触れます。

 

なので、他のサイトやブログから

情報を集めてまとめる、まとめサイトの運営では、

特に注意が必要ということになります。

 

 

まず他のサイトから文章などをコピペする場合は

「引用する」ということになります。

 

なので、当然引用元の情報を明記し表示する」必要があります。

 

しかもただ引用元を記載するだけでよいかというと

そうでもありません。

 

1つには「引用すること自体が必要かどうか」です。

 

必要もないのにコピペして引用することは

著作権に触れる可能性が高いということです。

 

ただごちゃまぜにSNSの情報だけを

羅列したような記事になってしまうと

引用ではないということになり得ます。

 

そして

「コピペして引用する部分は必要最低限にする」

ということです。

 

引用元のブログの文章全部をコピペするとか、

自分の書いてある記事の半分以上が引用元の文だと、

必要最低限ではなくなってしまうので、

著作権違反になってしまう可能性が高くなります。

 

他にも引用部分については

しっかりと引用部分ということが分かるように

色分けするとか区分けするなどして明確にする

必要があります。

 

 

まとめサイト(キュレーションサイト)を運営するのは

無料サービスを使ったりすれば

誰でも可能なのでかなりハードルは低いです。

 

その上、情報が溢れかえっているネットから

テーマを絞って有益な情報をしっかりまとめているサイトは

ユーザーからもとても重宝され、

検索エンジンからの評価が高いのも事実です。

 

なので、

まとめサイトをアフィリエイトに活用する

という選択は間違っていませんが、

簡単にコピペの引用でも作れる分、

著作権にも十分配慮する必要はある

ということですね。

 


 

◆まとめサイト(キュレーションサイト)【まとめ】

長い記事になってしまいましたが、

まとめサイト(キュレーションサイト)について

あなたの知りたいことや不明な点は解消されましたか?

 

何度も繰り返しになりますが、

まとめサイト(キュレーションサイト)は

普通のサイトアフィリやブログアフィリに比べると、

記事コンテンツはとても作りやすいです。

 

しかも検索を利用するユーザーにとっては

溢れかえる情報の中から欲しい情報を見つけやすくしてくれる

という点で重宝されます。

 

そしてユーザーから評価され多く利用されることから、

Googleもまとめサイトを評価し、

検索上位に表示する傾向が見られるため、

アフィリエイトで活用できれば

大きな収入を狙えるサイト戦略であると言えます。

 

しかし、著作権や運営方法によっては

問題点も含まれてしまうので、

ちゃんとまとめサイトの運営方法、

アフィリエイトへの活用方法を学んでからでないと

トラブルになる可能性もないとも言えません。

 

もしあなたがこれからまとめサイト(キュレーションサイト)を活用して

アフィリエイトをやってみたいと思うのであれば、

 

まとめサイト(キュレーションサイト)の運営で

必要な知識、技術、著作権対応、

そしてWordPress用のテンプレートがついた 

QPA(クイックキュレーションパズルアフィリエイト)

まずは先に学ぶことをおすすめします。

 

詳しいQPA(クイックキュレーションパズルアフィリエイト)の

レビューについては僕の方でも本気で書いてありますので、

読んでみてくださいね(^o^)

 

「中井伸行のQPAクイックキュレーションパズルアフィリエイトは初心者でも稼げるか稼げないのか?まとめサイト(キュレーションサイト)のアフィリエイトを本気レビュー」

 

またまとめサイト(キュレーションサイト)についてはもちろん、

他のアフィリエイトのことでも何か疑問や質問がありましたら、

遠慮なく僕に聞いてくださいね。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

以上、里見でした!

 

アフィリエイト戦略 アフィリエイト戦略 まとめサイト

この記事に関連する記事一覧

資産構築型ブログアフィリエイトメルマガ登録


●勤めている会社がいつ潰れても生活基板を崩すことなく生活を送ることができる


●突然リストラされたとしてもいつでも別の仕事を探せる余裕ができる


●経済的な不安から節約ばかりのつまらない生活を脱出できる


●時間に余裕ができて、自分のやりたいことを思う存分できるようになる


●大切な家族を金銭的な危機からいつでも守ることができる


●親友が金銭的に困っていれば相談に乗ることもできる、または手助けができる


●安定収入を柱にして独立していろんなビジネスにチャレンジすることもできる


アフィリエイトの師匠から
「アフィリエイトで稼ぐための本質」を引き継いで学び、
「少しの時間の労力もちゃんと資産として積み重ねられるブログ」を活用して、
「より大きな収入を確保し安定した収入を生み出すブログを構築する」


そんな戦略や戦術を身につけて、
僕もようやっと経済的、時間的、精神的な自由を
手に入れることができました。


もしあなたも、これからアフィリエイトで稼いでいき、
あなたが思い描いた夢の実現をしたいと思うなら、
月10万円の報酬を安定させ、さらに大きな収入へと積み重ねていく
【資産構築型ブログアフィリエイト】の概要を見てみたいと思いませんか?


⇒資産構築型ブログアフィリエイトの詳細はこちら