WordPress,ワードプレス,設置方法,自動インストール,独自ドメイン,レンタルサーバー

ブログを資産化し安定した月10万円を稼ぎさらなる自動収益を構築する戦略と戦術

WordPress(ワードプレス)の設置自動インストール(独自ドメイン取得ーレンタルサーバー契約)

■WordPress(ワードプレス)の設置方法について■

 

どうも里見です。

 

前回はWordPress(ワードプレス)の

長所短所メリットデメリットを書いてみました。

↓    ↓   ↓

WordPress(ワードプレス)の長所短所メリットデメリット

 

アフィリエイトの初心者の方にとっては

「無料ブログ」「WordPress(ワードプレス)」

この2つに迷う人も多く、

 

人によっては「無料ブログ」から始める人もいるし

「WordPress(ワードプレス)」から始める人もいます。

 

それはどっちがダメということもなく、

始めやすさで選べば無料ブログですし、

長期的な目線で考えればやはりWordPressとなります。

 

とはいえ、その最初の選定のところで

どうしても迷うというのも分かります。

 

なので今回何記事かにわたり、

無料ブログとWordPress(ワードプレス)

それぞれ基本的なところを取りあげていますので、

 

あなたがどちらかを選ぶための参考になればと思っています。

 

無料ブログの基礎知識についてはこちら

↓    ↓    ↓

無料ブログの基礎、長所短所メリットデメリット

 

で、今回はWordPress(ワードプレス)の

設置準備から設置方法まで触れていきたいと思います。

 

WordPress(ワードプレス)設置


 

ではWordPress(ワードプレス)は

どうやって設置していけば使えるようになるのか

を具体的に話ししていきましょう。

 

WordPress設置手順全体像

 

1.独自ドメイン取得

2.レンタルサーバー契約

3.ドメインとレンタルサーバーの連結(DNS設定)

4.WordPress(ワードプレス)自動インストール

 

この順に設定をしていきます。

 

僕もいろいろな教材を見て

WordPress(ワードプレス)の設置も

しっかり触れているものもあるんですが、

 

最初に全体像に触れていないために

何となく書かれているとおりにやるだけ

というパターンになっている気がします。

 

もちろん最初はそれでもいいのですが、

どんどんWordPress(ワードプレス)で

ブログを増やしていこうとしたり、

ちょっと違うことをしようとすると

「えっとこれはどうなるの?」

みたいになったりして、

実はその教材だけでは

WordPressの設置を覚えたことにならなかったりします。

 

なので、この全体像を

まずはしっかり把握してもらってから

WordPress(ワードプレス)の設置に

取りかかるようにしていきましょう^^

 

独自ドメイン取得

 

ブログはホームページの1種です。

なので、何よりまず最初に必要になるのが、

『ドメイン』です。

 

ドメインというのは、

「インターネット上の住所」

と考えてもらえばいいです。

 

インターネットにはすでに10億以上もの

ホームページがあると言われています。

 

そのホームページ1つ1つに辿り着くためには

「どのサイトがどこに存在しているのか」

分からないとそのホームページを見ることができませんよね。

 

住所が分からなければそのお家に行けないのと一緒です。

 

それを指し示してくれるのが「ドメイン」というものであり、

インターネットのURL(~~~~~~.co.jpなど)のことだと

思ってもらえばいいです。

 

インターネット上の住所を先に持っておかないと

ホームページを作っても誰も見に行けなくなってしまうので、

WordPress(ワードプレス)を設置する前に

ドメインの取得を行います。

 

 

ドメインはドメイン取得サービスを

提供しているところから手に入れることになります。

 

【ドメイン取得サービス】

ムームードメイン

お名前.com

バリュードメイン など

 

※ドメイン取得サービスに大きな差はあまりありませんので、

使いやすいところを使えばOKです。

ただキャンペーンなどで特定のドメインが

割引になっている期間があったりするので、

そのタイミングで取得するという手もありますね。

 

ただドメインを取得するには料金がかかります。

一般的なドメイン(.com、.net、.biz、.infoなど)なら

だいたい年額で数百円~1,000円くらいです。

 


 

ちなみに「.co.jp」は法人向け、.jpについては

日本を示すドメインなので少々高額になります。

 

個人で持つなら月数十円という世界なので

全然ハードルは高くありません。

 

そう、「ドメイン」なんて聞くと難しそうですが、

実は費用的にも安いので個人でも簡単に

持つことができるってことですね^^

 

ムームードメインでのドメイン取得方法

 

1、http://muumuu-domain.com/にアクセスします

検索欄に自分が欲しい独自ドメイン名を入力して、検索します

 


 

2、検索した結果右のボタンが○になっていれば、

そのドメインの取得が可能ということなので、

さらに自分で好きなものを選び、○のボタンをクリックします。

 


 

3、ムームードメインにまだ登録していない方は

[新規登録]をクリックします。

 


 

4、必要な入力事項を入力して[内容確認へ]のボタンをクリックします。

 


 

5、次に自ドメイン取得の申し込みに進みますので、登録内容を確認したら、[次ステップ]へ進みます。


 
  • ドメイン設定の各項目
基本的にそのままでいいです。

 
-「WHO IS 情報」とは-

独自ドメインを誰が所有し、どのサーバーで利用しているかなどの情報は、

ネット上で公開されることになっています。

個人で独自ドメインを取得した場合も本来なら、

自宅の住所や電話番号、メールアドレス等の情報を

公開しなくてはならないのですが、それは困るという人がほとんど。

そこでこの「WHO IS 公開情報」を「弊社の情報を代理公開する」にしておけば、

ドメインを取得した人の個人情報の代わりに、

ムームードメインの情報を公開してくれる、ということです。
 

ネームサーバー(DNS)も後でも変更ができますので、

 

とりあえずそのまま「ムームーDNS」(または「今はまだ使用しない」)

にしておきましょう。

 
  • お支払
ドメインの契約年数はひとまず「1年」で問題ないでしょう。

 

支払方法は、

クレジットカード、おさいぽ!、コンビニ払い、銀行振り込み

から選べます。

 
  • 自動更新設定
 

一番下の自動更新設定は、

契約の更新時期がきたら自動的に料金の引き落としがされ、

契約を更新してくれる設定です。

 

このドメインを1年以上必ず使うぞー

という方はチェックを入れておきましょう。

 

6、連携サービスなどについては、今回はすべて飛ばしてもらってOKです。

 


 

7、最終的な内容確認の画面になるので、問題なければ、

利用規約を読んだ上で、「「利用規約、ムームーメール利用規約」に同意します」のところにチェックをいれ、[お支払]へ進みます。

 


 

8、クレジットカードだとすぐ、銀行振込やコンビニ支払だと入金が完了した後、

登録したメールアドレス宛に、ムームードメインから登録情報メールが届きます。

 


 

内容を確認し、このメールにある【コントロールパネル】を開き、

ムームードメインへ改めてログインできることを確認しておきましょう。

 

9、そして、未取得となっているドメインが表示されているので、

[取得]をクリックすることで、実際にドメインが使えるようになります。

 


 

以上でドメインの取得は完了です。

 

設定したIDやパスワードは今後も使うことがあるので、

忘れたりなくさないようにしっかりメモして保存しておきましょう。

 

また、すでにIDのある人は多少やり方が違いますが、

だいたいの流れは一緒です。

 

レンタルサーバーの契約

 

次にWordPress(ワードプレス)を設置するための

レンタルサーバーを借りる契約をします。

 

そう、ドメインで住所を手に入れたので、

今度は土地そのものを手に入れるってことです。

 

レンタルサーバーで代表的なのは

「ロリポップサーバー」「エックスサーバー」

 

このうち「ロリポップサーバー」は

先ほどのドメイン取得サービスと同じGMO系の会社で

いろいろとサービスのやり取りがやりやすいので、

ここでは「ロリポップサーバー」の契約方法をお伝えします。

 

ロリポップサーバー契約手順

 

1、ロリポップサーバーのURLにアクセスします

https://lolipop.jp/

『10日間無料お試し』のボタンをクリック

 


 

2、次の画面でプランを選びます。

この中では「スタンダード」が費用と内容を考えても一番いいので、

「スタンダード」を選んで、先に進みます。

 


 

3、アカウント情報などを入力していきます。

ただし、ここでは独自ドメインは設定せず、

契約が完了してから独自ドメインを設定することにします。

 


 
  • アカウント名
http://(アカウント名).(選択する)

 

アカウント名は、ようはIDということです。

後ろ部分はお好きなものを選びましょう。

 
  • パスワードはログインする際のパスワード
  • メールアドレスは登録メールアドレスです。
 

入力が完了したら、[お申込み内容入力]をクリックします。

 

4、さらに詳しい情報を入力します。

 


 

契約種別、名前、住所、電話番号、お支払方法など

それぞれ入力が済んだら、[お申込み内容確認]のボタンをクリックします。

 


 

5、[無料お試し開始]のボタンが出るので、「利用規約・プライバシーポリシーに同意します」にチェックして、[無料お試し開始]のボタンをクリックします。

 


 

6、以下の画面が出れば申込みは完了です。

 


 

なお、登録したメールアドレスに登録情報が届いているので、

そちらを確認の上、大切に保管しておいてください。

 


 

この内容はあとでサイトにデータをアップロードしたり、

WordPressの設定等で必ず必要になりますので、

無くさないよう、他のWordやメモ帳などにも情報を写して

保存しておくのもいいでしょう。

 

以上でレンタルサーバー(ロリポップ)の契約ができました。

 

これでドメインとレンタルサーバーが整ったことになります。

 

この2つについては、

基本的には自動更新にしておけば、

勝手に契約が終了してブログが表示されなくなる

なんてこともありません。

 

もし必要なくなれば契約をその時点で終了すればいいですが、

どちらか片方でも使えなくなれば

それまで作ってきたブログはなくなってしまうので

契約終了時期が近くなったら

一度更新状況を確認してみた方がいいかもしれないですね。

 

ドメインとレンタルサーバーの連結(DNS設定)

 

ここまででドメインとレンタルサーバーの契約が完了しました。

でもこれだけではまだ不十分なんです。

 

「ドメイン」と「レンタルサーバー」というのは

それぞれ「住所」と「土地」というように考えられます。

 

土地がブログの実際にある場所で、

住所がブログのある土地を指し示す指標

 

で、今の段階だと「土地」と「住所」が結びついていないのです。

“役所に届け出ていないから、住所を言っても誰もその場所が分からない”

そんな感じです。

 

なので、この「ドメイン」と「レンタルサーバー」が

連携するように「DNS設定」というのを行います。

 

DNS設定というのを説明するとまたヤヤコシイので飛ばします(笑)

 

ようはこの設定をすれば、

ブラウザでURL(ドメイン)を入力して移動すれば、

その場所(レンタルサーバー)のブログが開けるようになる

ということです。

 

逆にこの設定がちゃんと出来ていないと

ドメインとってレンタルサーバーを契約して

レンタルサーバーにWordPressを設置しても

そのブログは誰も見ることができません。

 

そのURLへたどりつけるようになっていないからです。

 

なので、実はこの作業とっても大事な作業。

忘れずに行うようにしてください

 

ちなみに今回ドメインはムームードメイン、

レンタルサーバはロリポップなので、

簡単にDNS設定が完了できる

『ムームーDNS設定』

にも触れておきます(←すごくラク!)

 

具体的な作業方法はこちらです。

 

ドメインとレンタルサーバーの連携(DNS設定)手順

 

まず3つやるポイントがあります。

 

①独自ドメインをレンタルサーバーへ追加する

②DNS設定のためのDNS情報をレンタルサーバーでチェック

③DNS情報をドメイン取得サービスへ設定する

 

最初の1つは

あなたの取得した独自ドメインを

契約したレンタルサーバーで使えるようにするため

レンタルサーバー側に

「ドメイン追加」の作業を行います。

 

2つめは

次のドメイン取得サービスDNS設定をする前に

レンタルサーバー側のDNS情報が必要になりますので、

事前にDNS情報を確認しておきます。

 

そして最後3つめ

ドメイン取得サービスの方でDNS設定を行います。

 

 

ただ、今回は独自ドメインをムームードメイン、

レンタルサーバーをロリポップと同会社での手続きのため、

『ムームーDNS設定』

という手軽なやり方があります。

 

初めてで上記の例と同じなら『ムームーDNS設定』でいいですが、

たとえば独自ドメインはムームードメインで取得し、

レンタルサーバーはエックスサーバーだとしたら、

きちんと②、③をやる必要があるので、

この2点もちゃんと解説しておきます。

 

では順に具体的な作業をしていきます。

 
①レンタルサーバーに独自ドメインを追加
 

1、ロリポップサーバーのURLにアクセスします

https://lolipop.jp/

右上の『ログイン』から『ユーザー専用ページ』をクリックします。

 


 

2.ログイン画面で「独自ドメイン」を選んで、

取得したドメインとそれに対応するパスワードを入力してログインします。

 


 

3.左メニューの『独自ドメイン』から「独自ドメイン設定」をクリックします。

 


 

4.表示された画面の『独自ドメイン設定』のボタンをクリックします。

 


 

5.独自ドメイン設定の画面で、設定したい独自ドメインを入力します。

 


 

公開(アップロード)フォルダとしてというのは、

あなたの独自ドメインの大本になる

URLの中身となる部分を保管しておく場所となるので、

 

たとえばあなたの独自ドメイン名がAAA.netなら

「AAA」といった感じで入れておくと、

 

FFFTPなどでファイルをアップロードしたり、

複数の独自ドメインを管理するのに、

わかりやすくなると思います。

 

入力が終わったら、[独自ドメインをチェックする]をクリックします。

 

6.問題なければ、ネームサーバー認証の入力が求められます。

 

先ほども触れたようにこれは

『ムームードメイン』と『ロリポップ』の組み合わせの場合なので、

別のレンタルサーバーの場合は次の②、③もきちんとやってくださいね。

 


 

今回はムームードメインで独自ドメインを取得していますので、

ここはムームードメインのアカウントIDとパスワードを入力して

[ネームサーバー認証]をクリックします。

 

これで③のDNS設定まで完了したことになります。

 

※DNSの設定が反映されるには24時間くらいかかると言われます。

少なくとも2時間は待った方がいいです。

 

7.ドメインの情報に間違いがなければ、[設定]のボタンをクリックします。

 


 

8.独自ドメインの設定が完了したら、

以下のような画面が出ますので、これで設定は完了です。

 


 

ムームードメインとロリポップの組み合わせであれば、

WordPressのインストール準備はこれで終了です。

 

次の『WordPress(ワードプレス)の自動インストール』に進みましょう。

 

 
②DNS設定のためのDNS情報をレンタルサーバーでチェック
 

ここでもし別のレンタルサーバーを利用する場合に触れます。

 

次にレンタルサーバー(ロリポップ)にて

DNS設定のためのDNS情報を調べます。

 

これが無いとムームードメインの方にDNS設定ができません。

 

ただロリポップは「ドメイン設定マニュアル」の中にしか

触れていない?(もしかしたら別のところにあるのかも・・・)ので、

ここに書いておきます。

 

【ロリポップDNS設定】

プライマリネームサーバー:uns01.lolipop.jp

セカンダリネームサーバー:uns02.lolipop.jp

 

この2つをメモしておきましょう。

 

ちなみにエックスサーバーはこうなっています。

 

【エックスサーバー】

ネームサーバ1:ns1.xserver.jp

ネームサーバ2:ns2.xserver.jp

ネームサーバ3:ns3.xserver.jp

ネームサーバ4:ns4.xserver.jp

ネームサーバ5:ns5.xserver.jp

 

この情報をドメイン取得サービス側に設定をしていきます。

 

③DNS情報をドメイン取得サービスへ設定する
 

1.ムームードメインを開き、コントロールパネルを開きます。

 


 

2.左メニューの「ドメイン一覧」をクリックし、DNS設定をしたいドメインをクリックします。

 


 

3.独自ドメインの設定の中から「ネームサーバ設定変更」のところの

『ネームサーバー設置変更』のボタンをクリックします。

 


 

4.DNS設定でドメイン情報を設定したいレンタルサーバーを選びます。

 


 

この後、GMO系列のレンタルサーバーだと

チェックを入れて『ネームサーバー設定変更』のボタンを押せば、

すぐにDNSの切り替えができます。

 


 

ただGMOとは別会社のエックスサーバーなどの場合は、

「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」にチェックを入れます。

 

そうするとDNS情報を入力できる欄が出てくるので

該当する情報を入力します。

 


 

これでDNS設定が完了したので、

次のWordPressの自動インストールへ進みます。

 

ただし、DNSの反映にはある程度時間がかかるので、

WordPressなどをインストールする場合は、

2時間以上は時間を空けてから行った方がいいでしょう。

 


WordPress(ワードプレス)の自動インストール

 

では引続き、ロリポップサーバーにてWordPress(ワードプレス)を

インストールしていきます。

 

最初の方にも触れていますが、

今では各レンタルサーバーに

簡単にWordPress(ワードプレス)がインストールできるように

メニューとして設けられているケースがほとんどです。

 

1.ロリポップへログインした後、左メニューの「簡単インストール」→「WordPress」と進みます。

 


 

2.WordPress簡単インストールの画面が出たら、

インストール先にドメイン登録したあなたの独自ドメインを選び、

WordPressの設定情報を入力して[入力内容確認]をクリックします

 


 

3、内容の確認画面が出ますので、インストール先URLを確認し、

ユーザー名、パスワードは必ずメモして忘れないようにしましょう。

 


 

「インストール先のディレクトリに~」のところにチェックを入れ、

よければ[インストール]のボタンをクリックします。

 

4、「正常にインストールが完了しました」と出れば完了です。

 


 

一度管理者ページのURLをクリックし、

その画面はお気に入りなどにいれて、

すぐにアクセスできるようにしておきましょう。

 

5、実際にログイン出来るか確認し、WordPressの管理画面になれば、

WordPressのインストール作業は完了です

 


 

以上でWordPress(ワードプレス)の設置が完了となります。

 

この後、WordPress(ワードプレス)の管理画面から初期設定や

すぐに記事を書いたりもできます。

 

 

ということで、また長くなってしまったので、

WordPress(ワードプレス)の使い方やプラグインなどは

また次の記事で書こうと思います^^

 

何かWordPress(ワードプレス)で分からない点、

疑問、相談などあれば遠慮せずお問い合わせください。

 

>>お問い合わせフォーム

 

では里見でした。

 

 

 

タグ :     

アフィリエイト基礎知識 WordPress アフィリエイト基礎知識

この記事に関連する記事一覧

資産構築型ブログアフィリエイトメルマガ登録


●勤めている会社がいつ潰れても生活基板を崩すことなく生活を送ることができる


●突然リストラされたとしてもいつでも別の仕事を探せる余裕ができる


●経済的な不安から節約ばかりのつまらない生活を脱出できる


●時間に余裕ができて、自分のやりたいことを思う存分できるようになる


●大切な家族を金銭的な危機からいつでも守ることができる


●親友が金銭的に困っていれば相談に乗ることもできる、または手助けができる


●安定収入を柱にして独立していろんなビジネスにチャレンジすることもできる


アフィリエイトの師匠から
「アフィリエイトで稼ぐための本質」を引き継いで学び、
「少しの時間の労力もちゃんと資産として積み重ねられるブログ」を活用して、
「より大きな収入を確保し安定した収入を生み出すブログを構築する」


そんな戦略や戦術を身につけて、
僕もようやっと経済的、時間的、精神的な自由を
手に入れることができました。


もしあなたも、これからアフィリエイトで稼いでいき、
あなたが思い描いた夢の実現をしたいと思うなら、
月10万円の報酬を安定させ、さらに大きな収入へと積み重ねていく
【資産構築型ブログアフィリエイト】の概要を見てみたいと思いませんか?


⇒資産構築型ブログアフィリエイトの詳細はこちら