アフィリエイト初心者でもブログを資産化して構築し、副業でも月10万円安定して稼ぐ戦略と戦術&思考法

ブログを資産化し安定した月10万円を稼ぎさらなる自動収益を構築する戦略と戦術

WordPress(ワードプレス)の初期設定と基礎的な書き方使い方

■WordPress(ワードプレス)の初期設定と使い方■

 

どうも里見です。

 

ここ何回かでWordPress(ワードプレス)の基礎知識を

集中してお届けしてきています。

 

まずはWordPress(ワードプレス)の基礎知識として

↓   ↓   ↓

WordPress(ワードプレス)の長所短所メリットデメリット

 

そしてWordPress(ワードプレス)を具体的にどのように

設置して使えるようにしていくか

↓   ↓   ↓

WordPress(ワードプレス)の設置方法

 

この2つについてつらつらと書いてきました。

 

どうでしょう?

WordPress(ワードプレス)というのが

どういったもので、どんな風にすれば

使えるようになっていくのか

分かって頂けたかなぁと思います。

 

何にしてもアフィリエイトの初心者の方にとっては

「無料ブログ」「WordPress(ワードプレス)」

この2つに迷う人も多いので、

そこを選ぶための参考にと

無料ブログとWordPress(ワードプレス)

それぞれ基本的なところを取りあげていっています。

 

で、今回は

WordPress(ワードプレス)の初期設定と

基礎的な書き方について

触れていきたいと思います。

 

WordPress(ワードプレス)の使い方(ログイン)

 

ではWordPress(ワードプレス)の

ほんと基本的な使い方ということで、

 

僕がいつもWordPress(ワードプレス)を

立ち上げてからどのようにして記事を書いていっているのか

その最初の部分をお伝えしていきます。

 

といっても、WordPress(ワードプレス)は

カスタマイズのしやすさ自由度がウリですから、

必ずしもこのやり方じゃなきゃいけないわけじゃありませんので、

その点は誤解されませんようにー。

 

WordPress(ワードプレス)のログイン

 

さて、最初にやることというと

WordPress(ワードプレス)の管理画面を開くために

「管理画面へログイン」するわけなんですが、

意外にここでつまずくひと、いるんです(^_^;)

 

何につまずくかというと

「ログインってどこから?どうやって??」

 

そうなんです。

そもそも管理画面に行く前に躓いてしまう人が

けっこーいるんですね。

 

まさか!と思う人がいるかもしれませんが意外に多いんですよ。

 

本来はどのレンタルサーバーでも

WordPress(ワードプレス)の自動インストールが終わったら、

ログイン画面のURLがちゃんと表示されるんです。

こんな感じ↓  ↓  ↓


 

ここで書いてある「管理者URL」

WordPress(ワードプレス)の管理画面ログイン用URLなんです。

 

「もうそんなの見ずに閉じちゃったよ!」

と言う人でも大丈夫です。

 

あなたが取得した独自ドメインのURLの後ろに

“/wp-admin/”をつけて

アドレスバー(検索する入力欄じゃないですよ)へ入力して

アクセスすれば管理画面へのログイン画面が表示されるんです。

 

[例]

あなたの独自ドメイン:omedeto.com

WordPressのログイン画面のURL:http://omedeto.com/wp-admin/


 

そうすると、ちゃんとログイン画面が表示されます。

 


 

ここで、最初に設定した

ログインユーザー名とパスワードでログインをして、

管理画面へ進みます。

 

WordPress(ワードプレス)の初期設定

 

WordPress(ワードプレス)を設置したら

まずはやって欲しい初期設定がありますので、

さきにそちらの話をしていきます。

 

WordPressをインストールしてログインしたら

すぐに記事を書くのではなく、
ブログ全体に関わる『一般設定』をしましょう

 

一般設定

 

一般設定はメニューの設定から

「サイトのタイトル」と

「キャッチフレーズ=簡単なサイト説明」


 

この2つについて記入します。

まぁ入力しておかなくてもいいんですが、

設定は上記の2つだけで
特に変更がなければ他はそのままでいいでしょう。

 

投稿設定

 

そして同じように

一般設定に伴う設定でしておいてほしいのが、

『投稿設定』

 

まぁ一応しておいた方がよいかな、

くらいの設定なので絶対ではありません。

 

左のメニュー「一般」→「投稿設定」を開きます。


 

上の方の設定は特にすぐいじる必要はないかと。

重要なのは一番したの「更新情報サービス」のところです。


 

ここは何かというと、

自分のブログが更新されたことを

記事投稿のタイミングと同時に

指定先のURLへ向けて発信するという

「PING発信」

というものになります。

 

つまり、あなたがブログの記事を投稿したら、

指定したところに対して

「私のブログ記事投稿しましたよー」

とお知らせすることになるのです。

 

そうすることで、

あなたのブログがアップデートされたことを

他のところに知らせることができるので、

いち早くアクセスを集められる効果が期待できる

というわけです。

 

もちろん必ずいっぱい来る

ということにはなりませんけど、

やらないよりはやっといた方がいいでしょうね。

 

ということで、

この情報更新サービスのところに、

以下引用内のURLをコピペしておいてください。

 

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://ping.blo.gs/

http://ping.bloggers.jp/rpc/

http://ranking.kuruten.jp/ping

http://ping.blogranking.net/

http://ping.dendou.jp/

http://ping.fc2.com/

http://ping.rss.drecom.jp/

http://rpc.reader.livedoor.com/ping

http://ping.feedburner.com/

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

http://pingoo.jp/ping/

http://www.blogpeople.net/ping/

http://rpc.weblogs.com/RPC2

http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

http://rpc.pingomatic.com/

http://ping.speenee.com/xmlrpc

 

これがすべてではありませんので、
最新のものは気になったら調べて追加する

というように更新していってください。
ということで、

ひとまず一般設定と投稿設定を
こんな感じでしておきましょう。

 

パーマリンク

 

次に『パーマリンク』の設定をします。

 

パーマリンクというのは

ブログの記事ごとに割り当てられるURL

のことです。

 

つまり、独自ドメインで

omedeto.comだとすれば、トップページは

http://omedeto.com/

となります。

 

でも、各記事のURLもトップページと同じじゃ

混乱してしまいますから

それぞれURLが存在するわけですね。

 

その「各記事のURLをどのように表現するか」を決めるのが

パーマリンクの設定になります。

 

だいたいはトップページのURLの後ろにつくURLです。

これのことです。


 

ここを設定するのは左メニュー「設定」→「パーマリンク設定」です。


 


 

パーマリンクの設定はいくつか選べるわけですが、

避けて欲しいのは「投稿名」です。

 

普通投稿名は日本語になります。

たとえばURLに日本語が入るとこんなURLになってしまいます。

 

「http://omedeto.com/2017/07/10/%E6%70%E3%82%E3%93~~~」まだまだ続きます。

 

このように長いURLを見たことがある人もいるでしょう。

 

このようにURLが長くなってしまうと

URLでページを開くとエラーになってしまったり、

他のリンクをさせようと思ったとき、URLが途中で切れてしまったり

あまりいいことがありません。

 

なので、パーマリンクの設定では

できるだけ日本語でなく短いURLになる設定

を選ぶようにしましょう。

 

僕は「基本」のままか「数字」が多いですが、

場合によってはカスタム構造にしたりします。

 

カテゴリー設定

 

次はカテゴリーを作っていきます。

 

本当はブログを作る前の段階で

ある程度、ブログの骨組みは考えておくべきものです。

(これ、ほんと大事なんですよ)

 

それができている前提にはなりますけど、

最初のうちにできるだけ

ブログ記事のだいたいの「カテゴリー」

を決めておきましょう。

 

カテゴリーというのは

「分類」という意味で、

記事の中でも

Aに関連したこととBに関連したことで

それぞれ別グループとして扱い、

それぞれの記事の属性を固めておく

という感じです。

 

ちょっと難しいと思った方は

他の方のブログとか見てみましょう。

 

サイドバー(メインの記事の書いてある両側か片側にある部分)に、
いくつか項目みたいなのがある

と思います。

それが『カテゴリ』ですね。

 

たとえば、あなたが

ダイエットに関連したブログを書いていこう

と考えているなら、

ただ単純にダイエットという

内容でまとめておくのではなく、

 

脚痩せ

小顔

食事関連

ダイエット機器

サプリメント
といった具合です。

 

僕のこのブログでもサイドバーにこんな感じで

分類してありますよね。

↓  ↓  ↓


 

僕自身もあまり人のこと言えないんですけど

カテゴリ分けでよくやってしまいがちなのが、

「記事を書きながら分類する」

ということ。

 

そうやっていると僕みたいな

雑多なカテゴリ分けになっちゃいます。(^_^;)

できれば最初のうちにある程度カテゴリーを

作っておいた方がいいでしょう。

 

ある程度カテゴリをメモとかしておいてから
WordPressにカテゴリーを登録していく

ってことですね。

 

あと、カテゴリーを作る場合に
少し意識してほしいのが

階層構造です。

 

たとえば『美容健康』というカテゴリーを作ったとしても、

その中にはさらにいろいろな分類がありますよね。

 

‐美顔
‐スキンケア
‐ヘアケア
‐運動
‐サプリメント

 

といったもの。

 

これを『美容健康』と同じ階層で考えるのではなく、

『美容健康』の中のさらに細かい分類として、

 

大分類―美容健康
中分類―美顔、スキンケア、ニキビ、運動、サプリメント

 

さらに美顔の中でも
「ストレッチ」「洗顔」
といった小分類を作ってもいいでしょう。

※あくまで例ですよw

 

できれば階層構造にしておいた方が

やっぱりわかりやすいですよね。

 

WordPressでカテゴリーを追加する方法

自分のブログ内のカテゴリーをいくつか作ったら、

WordPressの中へカテゴリーを登録していきましょう。

 

1、WordPressのダッシュボードの左メニュー
「投稿」 ⇒ 「カテゴリー」
とクリックします。


 

2、カテゴリーの作成画面が出たら、

左側の“新規カテゴリの追加”の「名前」の入力欄に

考えたカテゴリー名を入力。


スラッグや説明は特に何も入れなくていいです。

 

3、階層構造を作ります。

 

大分類になるカテゴリー

『美容健康』は「親」となるので、

ここの「親」は「なし」にしておきます。

 

逆にその他の『美顔、スキンケア・・・』

は「親」のところから『美容健康』

を選べばいいわけです。

 

それを繰り返せば、こんな感じになるでしょう。


 

あとは「ウィジット」に「カテゴリー」

を追加すればいいでしょう。

 

あ、「ウィジット」の詳細に関しては

また別の機会にしますが、

とりあえず以下のようにして

「カテゴリー」をサイドバーに
表示できるようにしておきましょう。

 

カテゴリーをサイドバーに表示する方法

1、WordPressのダッシュボード、左メニュー

「外観」 ⇒ 「ウィジット」

とクリックします。


 

2、ウィジットの設定画面になるので、

利用できるウィジットの中から「カテゴリー」を見つけます。


 

3、カテゴリーの項目をクリックしたまま、

表示したいところにドラッグドロップします。


 

4、「タイトル」にとりあえず「カテゴリー」と入力し、

“階層を表示”にチェックを入れて、[保存]のボタンをクリックします。


これで完了です。

 

カテゴリーに当てはまる記事がないと
サイドバーに表示されないテーマもあるので、

記事が増えてきたら都度確認していきましょう。

 

 

こういった設定を、

記事を書く前に済ませておくことがおすすめです。

 

記事を書き始めたら日々の記事更新に

集中して欲しいですからね。

 

なお、WordPress(ワードプレス)を

インストールすると標準で投稿記事と固定記事の

見本がすでに公開されている状態です。

 

このページは特に必要じゃありませんので、

すぐに削除しておくといいでしょう。

 

>>WordPress(ワードプレス)HellowWorldページとサンプルページの削除

 

WordPress(ワードプレス)テーマ選定

 

WordPress(ワードプレス)の初期設定が完了したら、

次にテーマを決めます。

 

テーマというのはブログ全体のデザイン・構造の部分です。

テーマは無料のものから有料のものまであります。

 

最初は無料のテーマでもまったく問題ありませんが、

無料である分、カスタマイズがやりづらかったり、

デザイン的にパッとしないものが多かったりします。

 

しかもWordPress(ワードプレス)自体が用意している

標準テーマだと英語のテーマが多かったりして、

使い勝手の悪い点が難点だったりします。

 

なのでワードプレスに慣れてきて

どんどんカスタマイズしていきたくなったり、

 

よりSEO効果の高いテーマ、

よりアフィリエイトに向いているテーマなど

選びたくなってきたら、

有料のテーマも検討してみるといいでしょう。

 

ひとまずおすすめの

無料WordPress(ワードプレス)テーマを

ご紹介しておきましょう。

 

初心者向きのおすすめWordPress(ワードプレス)テーマ(無料)

STINGER

 

WordPress(ワードプレス)を利用する人の中でも

長い人気を誇っているテーマの1つです。

 

独自のSEO対策を施し、上位表示が狙いやすくなっており、

今やどこのサイトでも当たり前になりつつある、

スマホ対応のサイトにしてくれる

『レスポンシブ対応』にも当然なっています。

 

また、カスタマイズしないデフォルトの状態でも

多彩な機能を取り入れているので、

プラグインに頼らなくてもできることがたくさん揃っています。

 
Simplicity

 

こちらも非常に以前から有名&人気のテーマ。

 

ただ少し前まではレスポンシブ対応していなかったので、

これまであまりオススメしていなかったんですが、

今はちゃんとレスポンシブ対応になりました。

 

タイトルの通り非常にシンプルな作りになっていて、

初心者にも簡単に扱えるようになっています。

 

内部のSEO対策を非常に綿密に行っており、

初心者の人でも上位表示を狙いやすいテーマです。

 
Principle

 

ソーシャルボタンやパンくずリストなど

ブログを運営する上でよく使う機能は標準でついていて、

初心者でもそういった機能をすぐに使えるようになっています。

 

アフィリエイトでよく使われる「プロフィール」

これも専用のプロフィール欄というのが用意されています。

 

ただカスタマイズをする際に若干プログラムCSSの知識が

必要になるところもあったりするので、

その点はちょいむずいかも知れません。

 
Gush

 

かなりシンプルなデザインのテーマですが、

カスタマイズ性に優れていて

ある程度HTMLやPHPを書ける人はかなり重宝するテーマです。

 

本当の初心者にとっては若干ハードルが上がりますが、

それでもカスタマイズでオリジナル性を出したい人には

かなり嬉しいテーマと言えます。

 

WordPress(ワードプレス)テーマのインストール(標準テーマ)

 

WordPress(ワードプレス)のテーマを使えるようにするには

2つのやり方があります。

 

1つはWordPress(ワードプレス)の専用サイトから

直接ダウンロードして来て、すぐに使えるようにできる方法です。

 

これはWordPress(ワードプレス)の標準テーマの場合のやり方です。

 

※標準テーマは英語版のものが多いですので、若干使いづらいかも(^_^;)

 

1.WordPress(ワードプレス)管理画面の左メニューから「外観」→「テーマ」を開きます。


 

2.テーマの上部、[新規追加]をクリックし、「注目」「人気」「最新」といったカテゴリで探すか、検索欄に探したいテーマ名などで検索をします。



 

4.インストールして使いたいテーマの[インストール]をクリックします。


 

5.[有効化]のボタンをクリックして、テーマとして有効にすれば、あなたのブログはそのテーマデザインとなります。


 

 

もう一つはWordPressのテーマを提供しているサイトから

インストールファイルをダウンロードしておいて、

その後WordPress(ワードプレス)へアップロードする方法です。

 

今回は『STINGER』を例にご紹介しましょう。

 

STINGER8のダウンロードとインストール方法

 

1.STINGERのホームページへ行き、右上の「ダウンロード」をクリックします。


http://wp-fun.com/

 

2.ダウンロードページの下の方へスクロールして、「STINGER8」のところの「※注意事項に同意の上、ダウンロードして下さい。」のリンクをクリックしてダウンロードします。


 

3.ブラウズごとやり方は少しずつ変わりますが、ダウンロードファイルを任意の場所に保存します。


 


 

4.WordPress(ワードプレス)の管理画面から、「外観」→「テーマ」を開き、[新規追加]ボタンをクリックします。


 

5.「テーマを追加」の画面で[テーマのアップロード]ボタンをクリックします。


 

6.[ファイルを選択]から先ほどダウンロードしたSTINGERのインストールファイルを選択して、[今すぐインストール]します。



 

7.インストールが完了したら[有効化]すれば完了です。


 

あとはSTINGERでのカスタマイズやデザイン変更などを行います。

基本は「外観」のところの「カスタマイズ」や

ヘッダーといったところから編集をしていくことが可能です。

 

 

ちなみに一般的にブログは

2ティア、3ティア

という構造になっています。


 

テーマによっては選択できないカラム表示があるので、

その点はインストールする前に確認しておくとよいでしょう。

 

まぁ別に後で変更はいくらでもできるので特に心配はありませんので、

ひとまずちょっとした知識で覚えておけばいいです。

 

初心者向けの有料WordPress(ワードプレス)テーマ

 

STINGERなどは無料でも使えるテーマなんですが、

どうしてもカスタマイズなどでクセがスゴかったりw

ありきたりなデザインになってしまったりして

慣れてくると物足りなくなってきます。

 

そこへ行くとやっぱり有料のテーマは

さすが有料とだけあって、

SEO対策もばっちりしてあったり

かゆいところに手が届くものが多いです。

 

中でも僕たちのように

アフィリエイトをするために

WordPress(ワードプレス)を使おうと思っているのであれば、

この2つの有料テーマがオススメです。

 

◆脅威

 



 

◆Unlimited Template「THE WORLD(ザ・ワールド)」

 



 

どちらもアフィリエイターがWordPress(ワードプレス)を

使うことを前提にして作成されたテーマで、

アフィリエイターだからこそ使いたい機能が

デフォルトで入っていたりします。

 

たとえば、無料ブログとか

通常のWordPress(ワードプレス)テーマだと

記事の上下に広告を固定するためには

HTMLを書き加えないといけなくて、

初心者にとっては少々ハードルが高くなります。

 

でもこの2つであれば

簡単な操作で固定の広告設定ができます。

 

他にも記事のタイプごとでカラム表示を変動させたり

ヘッダー下部に簡単にメニューを入れたり、

サイトマップも簡単にできたりと

かなり使い勝手がいいです。

 

もし有料でも最初からアフィリエイト特化で

WordPress(ワードプレス)を構築していきたいなら

『賢威』『THE WORLD(ザ・ワールド)』の2つを

手にしてからWordPress運営をしてもいいでしょう。

 

ヘッダーの変更

 

テーマが決まれば、もうすぐに記事を書いていってもいいんですが、

できればここでヘッダーを変えておきましょう。

 

ヘッダーというのはページのトップにある大きな画像です。


 

どのテーマでも最初からヘッダーが付いていますが、

いかんせんこのままだと他にも同じ画像を使っている人が

いることになってしまいます。

 

なので、ヘッダー画像はできるだけ

自分で用意した画像を使うようにしましょう。

 

といっても、

別に自分でカメラを持って写真を撮る必要はありません。

(もちろんできればその方が個性が出てGoodですよ)

 

ネットというのは何でも揃うモノですw

 

写真の素材を無料で提供してくれる

無料素材集サイトというのがあります。

そういったところから

欲しい写真を探してダウンロードして使うといいでしょう。

 

ぱくたそ


 

写真AC


 

ダウンロードする写真のサイズですが、

横幅いっぱいで使いたいなら900ピクセルくらいはあった方がいいでしょう。

 

ヘッダーの幅や縦の推奨サイズは使うテーマによって異なりますので、

詳細についてはそちらを確認してください。

 

1.ヘッダーの変更はWordPress(ワードプレス)管理画面の

左メニューの「外観」→「ヘッダー」を選択します。


 

2.左に出るメニューから[新規画像を追加]をクリックして、

「ファイルをアップロード」を選んで写真素材を追加します。



 

3.最後に[保存して公開]をクリックすれば、ヘッダーが新しい画像へ変わります。

 



 

WordPress(ワードプレス)で記事を書く

 

さあ、いよいよWordPress(ワードプレス)で記事を書いていきましょう。

 

1.管理画面の左メニュー「投稿」→「新規作成」をクリックします。


 

2.最初はタイトルを書きます。


 

また別のところでも触れますが、タイトルに大事なのは

ブログのメインとなる『キーワード』を含めることと

できるだけキャッチーな言い回し

これを心がけるようにするといいです。

 

3.あとは記事の内容を書きます。

記事を書く場所は以下の枠内のところです。


 

最初は特に気にせず、書けるように書けばいいです。

 

なお、1点注意したいのは、

上の「ビジュアル」「テキスト」のタブです。


 

こちらは見た目通りで書けるのが「ビジュアル」です。

で、「テキスト」というのは、

HTML形式で書いていきたい場合に使います。

 

「え?そんなの使わないし使えないよ」

という人がいるかもしれませんが、

ここはアフィリエイターはぜったいに大事!

 

なぜなら、

アフィリエイト広告を貼るために必要になる

「アフィリエイトタグ」は全てHTMLだからです。

 

後でアフィリエイト広告を貼るところでも

この辺り書きますので、

まだよく分からないと言う人は

そこ注目しておいてくださいね。

 

4.強調したいところを太文字にします。

記事記載欄の上にある『B』の文字。これが太文字にするボタンです。


 

まず太文字にしたいところ全体を選択してから

この『B』をクリックします。


 

そうすると文字が太文字になります。


 

こんな感じで記事を書いていくわけです。

 

 

でも、何か物足りない・・・と思いません?

 

そう、WordPress(ワードプレス)の標準的なテーマのままだと

文字の装飾があまりいろいろできないんです。

 

たとえば下線を引くとか、文字に色をつけるとか、

より様々な文字の装飾をしたい場合は

あるプラグインを使えばできるようになります。

 

でもそのプラグインの話はまた次の機会にしましょう。

長くなり過ぎちゃうんで(^_^;)

 

ともかく、文章はこんな感じで

文字を書きつつ、ところどころで装飾を施すように

書いていけばいいということですね。

 

5.画像を入れたい場合は、入れたい場所にカーソルを合わせ、

上部の[メディアを追加]をクリックします。


 

挿入したい画像を選択します。

必要であれば[ファイルをアップロード]から画像を

先にWordPress上へアップロードしてから選択します。


 


 

6.また、他の記事にリンクを貼る場合は、リンクを貼りたい文字を選択し、

上部の[リンクの挿入/編集]ボタンをクリックします。


 

アドレスを入力するところに遷移させたいページのURLを入れて、適用します。


 

ちなみに右の歯車マークをクリックすると、

より詳細なリンクの貼り方ができますよ。

 

リンクが貼られると青下線文字になります。


 

6.記事の中にアフィリエイト広告を貼りたい場合ですが、

ASPからアフィリエイト広告用のコード(タグ)をコピーしてきます。

(ASPのアフィリタグ表示方法等は省略します)


 

7.WordPress(ワードプレス)記事作成の画面で、[デザイン]タブに切り替えて、

貼り付けたい位置にコピーしてきたアフィリコードを貼り付けます。


 

8.ここで一旦記事がどうなっているか「プレビュー」を見てみましょう。

右上の[プレビュー]のボタンをクリックすると、現在記事がどんな風に見えるか

確認ができます。


 

9.プレビュー確認して問題なければ、

最後に投稿画面の右上にある[公開]のボタンをクリックすれば

記事の投稿が完了です。

 


 

かなりざっくりとWordPress(ワードプレス)の記事作成に関して

解説してみましたが、

あとは同じような要領で文章を書き、記事を積み重ねていくイメージです。

 

一応、他にもカテゴリを選んだり、アイキャッチ画像を入れたり、

いろいろありますが、ひとまずはここまでにしておきましょう。

 

WordPress(ワードプレス)の設定はまだ終わらない?

 

今回WordPress(ワードプレス)の初期設定と簡単な使い方

について触れてみました。

ただ、これだけでは足りないんですね。

 

そう、WordPress(ワードプレス)でも

最も重要な要素の1つである

『プラグイン』について触れる必要があります。

 

WordPress(ワードプレス)ははっきり言って、

このプラグインが上手に使えるかどうかで

かなり使い勝手が変わってきます。

 

ということで、

WordPress(ワードプレス)のプラグインについては

また次回にしたいと思います。

 

何かWordPressのことで分からないことなどあれば

遠慮無く僕の方へご質問くださいねー

 

>>お問い合わせはこちら

 

では、里見でした!

 

 

 

タグ :   

アフィリエイト基礎知識 WordPress アフィリエイト基礎知識

WordPress(ワードプレス)の設置自動インストール(独自ドメイン取得ーレンタルサーバー契約)

■WordPress(ワードプレス)の設置方法について■

 

どうも里見です。

 

前回はWordPress(ワードプレス)の

長所短所メリットデメリットを書いてみました。

↓    ↓   ↓

WordPress(ワードプレス)の長所短所メリットデメリット

 

アフィリエイトの初心者の方にとっては

「無料ブログ」「WordPress(ワードプレス)」

この2つに迷う人も多く、

 

人によっては「無料ブログ」から始める人もいるし

「WordPress(ワードプレス)」から始める人もいます。

 

それはどっちがダメということもなく、

始めやすさで選べば無料ブログですし、

長期的な目線で考えればやはりWordPressとなります。

 

とはいえ、その最初の選定のところで

どうしても迷うというのも分かります。

 

なので今回何記事かにわたり、

無料ブログとWordPress(ワードプレス)

それぞれ基本的なところを取りあげていますので、

 

あなたがどちらかを選ぶための参考になればと思っています。

 

無料ブログの基礎知識についてはこちら

↓    ↓    ↓

無料ブログの基礎、長所短所メリットデメリット

 

で、今回はWordPress(ワードプレス)の

設置準備から設置方法まで触れていきたいと思います。

 

WordPress(ワードプレス)設置


 

ではWordPress(ワードプレス)は

どうやって設置していけば使えるようになるのか

を具体的に話ししていきましょう。

 

WordPress設置手順全体像

 

1.独自ドメイン取得

2.レンタルサーバー契約

3.ドメインとレンタルサーバーの連結(DNS設定)

4.WordPress(ワードプレス)自動インストール

 

この順に設定をしていきます。

 

僕もいろいろな教材を見て

WordPress(ワードプレス)の設置も

しっかり触れているものもあるんですが、

 

最初に全体像に触れていないために

何となく書かれているとおりにやるだけ

というパターンになっている気がします。

 

もちろん最初はそれでもいいのですが、

どんどんWordPress(ワードプレス)で

ブログを増やしていこうとしたり、

ちょっと違うことをしようとすると

「えっとこれはどうなるの?」

みたいになったりして、

実はその教材だけでは

WordPressの設置を覚えたことにならなかったりします。

 

なので、この全体像を

まずはしっかり把握してもらってから

WordPress(ワードプレス)の設置に

取りかかるようにしていきましょう^^

 

独自ドメイン取得

 

ブログはホームページの1種です。

なので、何よりまず最初に必要になるのが、

『ドメイン』です。

 

ドメインというのは、

「インターネット上の住所」

と考えてもらえばいいです。

 

インターネットにはすでに10億以上もの

ホームページがあると言われています。

 

そのホームページ1つ1つに辿り着くためには

「どのサイトがどこに存在しているのか」

分からないとそのホームページを見ることができませんよね。

 

住所が分からなければそのお家に行けないのと一緒です。

 

それを指し示してくれるのが「ドメイン」というものであり、

インターネットのURL(~~~~~~.co.jpなど)のことだと

思ってもらえばいいです。

 

インターネット上の住所を先に持っておかないと

ホームページを作っても誰も見に行けなくなってしまうので、

WordPress(ワードプレス)を設置する前に

ドメインの取得を行います。

 

 

ドメインはドメイン取得サービスを

提供しているところから手に入れることになります。

 

【ドメイン取得サービス】

ムームードメイン

お名前.com

バリュードメイン など

 

※ドメイン取得サービスに大きな差はあまりありませんので、

使いやすいところを使えばOKです。

ただキャンペーンなどで特定のドメインが

割引になっている期間があったりするので、

そのタイミングで取得するという手もありますね。

 

ただドメインを取得するには料金がかかります。

一般的なドメイン(.com、.net、.biz、.infoなど)なら

だいたい年額で数百円~1,000円くらいです。

 


 

ちなみに「.co.jp」は法人向け、.jpについては

日本を示すドメインなので少々高額になります。

 

個人で持つなら月数十円という世界なので

全然ハードルは高くありません。

 

そう、「ドメイン」なんて聞くと難しそうですが、

実は費用的にも安いので個人でも簡単に

持つことができるってことですね^^

 

ムームードメインでのドメイン取得方法

 

1、http://muumuu-domain.com/にアクセスします

検索欄に自分が欲しい独自ドメイン名を入力して、検索します

 


 

2、検索した結果右のボタンが○になっていれば、

そのドメインの取得が可能ということなので、

さらに自分で好きなものを選び、○のボタンをクリックします。

 


 

3、ムームードメインにまだ登録していない方は

[新規登録]をクリックします。

 


 

4、必要な入力事項を入力して[内容確認へ]のボタンをクリックします。

 


 

5、次に自ドメイン取得の申し込みに進みますので、登録内容を確認したら、[次ステップ]へ進みます。


 
  • ドメイン設定の各項目
基本的にそのままでいいです。

 
-「WHO IS 情報」とは-

独自ドメインを誰が所有し、どのサーバーで利用しているかなどの情報は、

ネット上で公開されることになっています。

個人で独自ドメインを取得した場合も本来なら、

自宅の住所や電話番号、メールアドレス等の情報を

公開しなくてはならないのですが、それは困るという人がほとんど。

そこでこの「WHO IS 公開情報」を「弊社の情報を代理公開する」にしておけば、

ドメインを取得した人の個人情報の代わりに、

ムームードメインの情報を公開してくれる、ということです。
 

ネームサーバー(DNS)も後でも変更ができますので、

 

とりあえずそのまま「ムームーDNS」(または「今はまだ使用しない」)

にしておきましょう。

 
  • お支払
ドメインの契約年数はひとまず「1年」で問題ないでしょう。

 

支払方法は、

クレジットカード、おさいぽ!、コンビニ払い、銀行振り込み

から選べます。

 
  • 自動更新設定
 

一番下の自動更新設定は、

契約の更新時期がきたら自動的に料金の引き落としがされ、

契約を更新してくれる設定です。

 

このドメインを1年以上必ず使うぞー

という方はチェックを入れておきましょう。

 

6、連携サービスなどについては、今回はすべて飛ばしてもらってOKです。

 


 

7、最終的な内容確認の画面になるので、問題なければ、

利用規約を読んだ上で、「「利用規約、ムームーメール利用規約」に同意します」のところにチェックをいれ、[お支払]へ進みます。

 


 

8、クレジットカードだとすぐ、銀行振込やコンビニ支払だと入金が完了した後、

登録したメールアドレス宛に、ムームードメインから登録情報メールが届きます。

 


 

内容を確認し、このメールにある【コントロールパネル】を開き、

ムームードメインへ改めてログインできることを確認しておきましょう。

 

9、そして、未取得となっているドメインが表示されているので、

[取得]をクリックすることで、実際にドメインが使えるようになります。

 


 

以上でドメインの取得は完了です。

 

設定したIDやパスワードは今後も使うことがあるので、

忘れたりなくさないようにしっかりメモして保存しておきましょう。

 

また、すでにIDのある人は多少やり方が違いますが、

だいたいの流れは一緒です。

 

レンタルサーバーの契約

 

次にWordPress(ワードプレス)を設置するための

レンタルサーバーを借りる契約をします。

 

そう、ドメインで住所を手に入れたので、

今度は土地そのものを手に入れるってことです。

 

レンタルサーバーで代表的なのは

「ロリポップサーバー」「エックスサーバー」

 

このうち「ロリポップサーバー」は

先ほどのドメイン取得サービスと同じGMO系の会社で

いろいろとサービスのやり取りがやりやすいので、

ここでは「ロリポップサーバー」の契約方法をお伝えします。

 

ロリポップサーバー契約手順

 

1、ロリポップサーバーのURLにアクセスします

https://lolipop.jp/

『10日間無料お試し』のボタンをクリック

 


 

2、次の画面でプランを選びます。

この中では「スタンダード」が費用と内容を考えても一番いいので、

「スタンダード」を選んで、先に進みます。

 


 

3、アカウント情報などを入力していきます。

ただし、ここでは独自ドメインは設定せず、

契約が完了してから独自ドメインを設定することにします。

 


 
  • アカウント名
http://(アカウント名).(選択する)

 

アカウント名は、ようはIDということです。

後ろ部分はお好きなものを選びましょう。

 
  • パスワードはログインする際のパスワード
  • メールアドレスは登録メールアドレスです。
 

入力が完了したら、[お申込み内容入力]をクリックします。

 

4、さらに詳しい情報を入力します。

 


 

契約種別、名前、住所、電話番号、お支払方法など

それぞれ入力が済んだら、[お申込み内容確認]のボタンをクリックします。

 


 

5、[無料お試し開始]のボタンが出るので、「利用規約・プライバシーポリシーに同意します」にチェックして、[無料お試し開始]のボタンをクリックします。

 


 

6、以下の画面が出れば申込みは完了です。

 


 

なお、登録したメールアドレスに登録情報が届いているので、

そちらを確認の上、大切に保管しておいてください。

 


 

この内容はあとでサイトにデータをアップロードしたり、

WordPressの設定等で必ず必要になりますので、

無くさないよう、他のWordやメモ帳などにも情報を写して

保存しておくのもいいでしょう。

 

以上でレンタルサーバー(ロリポップ)の契約ができました。

 

これでドメインとレンタルサーバーが整ったことになります。

 

この2つについては、

基本的には自動更新にしておけば、

勝手に契約が終了してブログが表示されなくなる

なんてこともありません。

 

もし必要なくなれば契約をその時点で終了すればいいですが、

どちらか片方でも使えなくなれば

それまで作ってきたブログはなくなってしまうので

契約終了時期が近くなったら

一度更新状況を確認してみた方がいいかもしれないですね。

 

ドメインとレンタルサーバーの連結(DNS設定)

 

ここまででドメインとレンタルサーバーの契約が完了しました。

でもこれだけではまだ不十分なんです。

 

「ドメイン」と「レンタルサーバー」というのは

それぞれ「住所」と「土地」というように考えられます。

 

土地がブログの実際にある場所で、

住所がブログのある土地を指し示す指標

 

で、今の段階だと「土地」と「住所」が結びついていないのです。

“役所に届け出ていないから、住所を言っても誰もその場所が分からない”

そんな感じです。

 

なので、この「ドメイン」と「レンタルサーバー」が

連携するように「DNS設定」というのを行います。

 

DNS設定というのを説明するとまたヤヤコシイので飛ばします(笑)

 

ようはこの設定をすれば、

ブラウザでURL(ドメイン)を入力して移動すれば、

その場所(レンタルサーバー)のブログが開けるようになる

ということです。

 

逆にこの設定がちゃんと出来ていないと

ドメインとってレンタルサーバーを契約して

レンタルサーバーにWordPressを設置しても

そのブログは誰も見ることができません。

 

そのURLへたどりつけるようになっていないからです。

 

なので、実はこの作業とっても大事な作業。

忘れずに行うようにしてください

 

ちなみに今回ドメインはムームードメイン、

レンタルサーバはロリポップなので、

簡単にDNS設定が完了できる

『ムームーDNS設定』

にも触れておきます(←すごくラク!)

 

具体的な作業方法はこちらです。

 

ドメインとレンタルサーバーの連携(DNS設定)手順

 

まず3つやるポイントがあります。

 

①独自ドメインをレンタルサーバーへ追加する

②DNS設定のためのDNS情報をレンタルサーバーでチェック

③DNS情報をドメイン取得サービスへ設定する

 

最初の1つは

あなたの取得した独自ドメインを

契約したレンタルサーバーで使えるようにするため

レンタルサーバー側に

「ドメイン追加」の作業を行います。

 

2つめは

次のドメイン取得サービスDNS設定をする前に

レンタルサーバー側のDNS情報が必要になりますので、

事前にDNS情報を確認しておきます。

 

そして最後3つめ

ドメイン取得サービスの方でDNS設定を行います。

 

 

ただ、今回は独自ドメインをムームードメイン、

レンタルサーバーをロリポップと同会社での手続きのため、

『ムームーDNS設定』

という手軽なやり方があります。

 

初めてで上記の例と同じなら『ムームーDNS設定』でいいですが、

たとえば独自ドメインはムームードメインで取得し、

レンタルサーバーはエックスサーバーだとしたら、

きちんと②、③をやる必要があるので、

この2点もちゃんと解説しておきます。

 

では順に具体的な作業をしていきます。

 
①レンタルサーバーに独自ドメインを追加
 

1、ロリポップサーバーのURLにアクセスします

https://lolipop.jp/

右上の『ログイン』から『ユーザー専用ページ』をクリックします。

 


 

2.ログイン画面で「独自ドメイン」を選んで、

取得したドメインとそれに対応するパスワードを入力してログインします。

 


 

3.左メニューの『独自ドメイン』から「独自ドメイン設定」をクリックします。

 


 

4.表示された画面の『独自ドメイン設定』のボタンをクリックします。

 


 

5.独自ドメイン設定の画面で、設定したい独自ドメインを入力します。

 


 

公開(アップロード)フォルダとしてというのは、

あなたの独自ドメインの大本になる

URLの中身となる部分を保管しておく場所となるので、

 

たとえばあなたの独自ドメイン名がAAA.netなら

「AAA」といった感じで入れておくと、

 

FFFTPなどでファイルをアップロードしたり、

複数の独自ドメインを管理するのに、

わかりやすくなると思います。

 

入力が終わったら、[独自ドメインをチェックする]をクリックします。

 

6.問題なければ、ネームサーバー認証の入力が求められます。

 

先ほども触れたようにこれは

『ムームードメイン』と『ロリポップ』の組み合わせの場合なので、

別のレンタルサーバーの場合は次の②、③もきちんとやってくださいね。

 


 

今回はムームードメインで独自ドメインを取得していますので、

ここはムームードメインのアカウントIDとパスワードを入力して

[ネームサーバー認証]をクリックします。

 

これで③のDNS設定まで完了したことになります。

 

※DNSの設定が反映されるには24時間くらいかかると言われます。

少なくとも2時間は待った方がいいです。

 

7.ドメインの情報に間違いがなければ、[設定]のボタンをクリックします。

 


 

8.独自ドメインの設定が完了したら、

以下のような画面が出ますので、これで設定は完了です。

 


 

ムームードメインとロリポップの組み合わせであれば、

WordPressのインストール準備はこれで終了です。

 

次の『WordPress(ワードプレス)の自動インストール』に進みましょう。

 

 
②DNS設定のためのDNS情報をレンタルサーバーでチェック
 

ここでもし別のレンタルサーバーを利用する場合に触れます。

 

次にレンタルサーバー(ロリポップ)にて

DNS設定のためのDNS情報を調べます。

 

これが無いとムームードメインの方にDNS設定ができません。

 

ただロリポップは「ドメイン設定マニュアル」の中にしか

触れていない?(もしかしたら別のところにあるのかも・・・)ので、

ここに書いておきます。

 

【ロリポップDNS設定】

プライマリネームサーバー:uns01.lolipop.jp

セカンダリネームサーバー:uns02.lolipop.jp

 

この2つをメモしておきましょう。

 

ちなみにエックスサーバーはこうなっています。

 

【エックスサーバー】

ネームサーバ1:ns1.xserver.jp

ネームサーバ2:ns2.xserver.jp

ネームサーバ3:ns3.xserver.jp

ネームサーバ4:ns4.xserver.jp

ネームサーバ5:ns5.xserver.jp

 

この情報をドメイン取得サービス側に設定をしていきます。

 

③DNS情報をドメイン取得サービスへ設定する
 

1.ムームードメインを開き、コントロールパネルを開きます。

 


 

2.左メニューの「ドメイン一覧」をクリックし、DNS設定をしたいドメインをクリックします。

 


 

3.独自ドメインの設定の中から「ネームサーバ設定変更」のところの

『ネームサーバー設置変更』のボタンをクリックします。

 


 

4.DNS設定でドメイン情報を設定したいレンタルサーバーを選びます。

 


 

この後、GMO系列のレンタルサーバーだと

チェックを入れて『ネームサーバー設定変更』のボタンを押せば、

すぐにDNSの切り替えができます。

 


 

ただGMOとは別会社のエックスサーバーなどの場合は、

「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」にチェックを入れます。

 

そうするとDNS情報を入力できる欄が出てくるので

該当する情報を入力します。

 


 

これでDNS設定が完了したので、

次のWordPressの自動インストールへ進みます。

 

ただし、DNSの反映にはある程度時間がかかるので、

WordPressなどをインストールする場合は、

2時間以上は時間を空けてから行った方がいいでしょう。

 


WordPress(ワードプレス)の自動インストール

 

では引続き、ロリポップサーバーにてWordPress(ワードプレス)を

インストールしていきます。

 

最初の方にも触れていますが、

今では各レンタルサーバーに

簡単にWordPress(ワードプレス)がインストールできるように

メニューとして設けられているケースがほとんどです。

 

1.ロリポップへログインした後、左メニューの「簡単インストール」→「WordPress」と進みます。

 


 

2.WordPress簡単インストールの画面が出たら、

インストール先にドメイン登録したあなたの独自ドメインを選び、

WordPressの設定情報を入力して[入力内容確認]をクリックします

 


 

3、内容の確認画面が出ますので、インストール先URLを確認し、

ユーザー名、パスワードは必ずメモして忘れないようにしましょう。

 


 

「インストール先のディレクトリに~」のところにチェックを入れ、

よければ[インストール]のボタンをクリックします。

 

4、「正常にインストールが完了しました」と出れば完了です。

 


 

一度管理者ページのURLをクリックし、

その画面はお気に入りなどにいれて、

すぐにアクセスできるようにしておきましょう。

 

5、実際にログイン出来るか確認し、WordPressの管理画面になれば、

WordPressのインストール作業は完了です

 


 

以上でWordPress(ワードプレス)の設置が完了となります。

 

この後、WordPress(ワードプレス)の管理画面から初期設定や

すぐに記事を書いたりもできます。

 

 

ということで、また長くなってしまったので、

WordPress(ワードプレス)の使い方やプラグインなどは

また次の記事で書こうと思います^^

 

何かWordPress(ワードプレス)で分からない点、

疑問、相談などあれば遠慮せずお問い合わせください。

 

>>お問い合わせフォーム

 

では里見でした。

 

 

 

タグ :     

アフィリエイト基礎知識 WordPress アフィリエイト基礎知識

WordPress(ワードプレス)の長所短所メリットデメリット~無料ブログとWordPress(ワードプレス)は初心者にはいったいどっちがいいのか~

■WordPress(ワードプレス)長所短所メリットデメリット■

 

どうも里見です。

 

前回は無料ブログについて

いろいろと書いてみました。

↓    ↓   ↓

無料ブログの長所短所メリットデメリット

 

無料ブログに触れたのは

「アフィリエイト初心者にとって

無料ブログとWordPress(ワードプレス)どちらがいいのか」

といった質問が度々あるし、

いろんなブログなどでも取りあげているからです。

 

アフィリエイトの初心者の方にとっては

「無料ブログ」「WordPress(ワードプレス)」

この2つに迷う人も多いことだと思います。

 

そこでまずは無料ブログとWordPress(ワードプレス)

それぞれについて基本を押さえよう

ということで、両方について

今回細かく書いていってる次第です。

 

WordPress(ワードプレス)とは


 

ではWordPress(ワードプレス)というのはそもそも何なのか

 

改めて調べてみるとウィキペディアでは

こんな風に書いてありました

 

――――引用――――

WordPress. WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。 PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。 単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/WordPress

 

うぉっ、難しい(--;)ワケわからん!!

もっと簡単にしましょう。

 

ざっくり、本当にざっくり言ってしまえば、

「WordPressは公開された元のプログラムソースを用いて、

有志のプログラマーたちが様々に加工編集を繰り返して発展し、

今ではいち個人でもブログを簡単に所有、記事作成ができるようになった

サーバーインストール型のWebサービス」

と言った具合でしょうか?(これでも難しい?!?)

 

無料ブログだとサービス提供元があって、

そのサービスを使うことで僕らはブログを持つことができ、

記事を書いていくことができていたわけですが、

 

WordPress(ワードプレス)というWebサービスを使うことで

サービス提供元がなくても個人でブログを持つことができ、

個人でブログ運営をすることができる

ということです。

 

だからWordPress(ワードプレス)でブログを持てば、

そのカスタマイズについては基本的には自由

ということになります。

 

自分で好きなアフィリエイト広告を貼れるし、

自由にHTMLを加工してデザイン変更、

プラグインの追加によるSNS連携等々

一般的なカスタマイズ(プラグイン利用、デザイン変更など)なら

自由にできるわけです。

 

※とはいえオープンソースというのは

著作権者が著作権を放棄しているわけではないので、

特殊な利用や加工販売等については規約を十分にご確認ください。

 

WordPress(ワードプレス)の特徴

 

まだ難しい感がありますので、

もう少し具体的な話をしていきましょう。

 

○WordPress(ワードプレス)の特徴1:サーバーにインストールするプログラム

 

ブログはいわゆるホームページの1種です。

だから、ホームページを立ち上げるのと同じように

必要な設定をしていく必要があります。

 

そもそもホームページって?

って話になるとまたややこしくなるのでw

簡単に話しますが、

 

ホームページというのは

Webサーバーというのに設置されていて、

僕たちが見ているホームページやブログは

すべてどこかのWebサーバーにおいてある

ホームページの素材を見に行っているんですね。

 

だから、WordPress(ワードプレス)でブログを持つということは

あなたも『サーバー』を持つ必要がある

ということです。

 

といっても高額なドデカいサーバーを

購入して部屋にでぇ~んと置くんではなくて、

『レンタルサーバー』を使います。

 

レンタルサーバーというのは

サーバーの一部を自由に使わせてくれるサービスで

そういったことを提供している会社があるんです。

 

有名なところであれば、

『ロリポップサーバー』

『X(エックス)サーバー』といったサービスですね。

 

そういったところで契約手続きをして

自分のブログ用のサーバーを借りればいいのです。

 

そして、WordPress(ワードプレス)は

どうすれば持つことができるか、といえば、

そのレンタルサーバー会社から受け取るんです。

 

 

本来はWordPress(ワードプレス)の提供元、

主にWordPress.comから

プログラム自体をダウンロードして

それを自分でサーバーへアップロードし、

その後インストール作業をするんですが、

 

今はもうそんなことする必要も無いくらい、

レンタルサーバー会社がWordPress(ワードプレス)を

すぐにも使えるように素材と設定方法を

直接提供してくれていますからね。

 

つまりWordPress(ワードプレス)は

自分専用のレンタルサーバーを借りて、

そこに設置すれば使えるようになる

ということです。

 

○WordPress(ワードプレス)の特徴2:すぐにブログが使えるようになる

 

WordPressの設置作業も実は簡単にできます。

 

ロリポップサーバーやXサーバーでは

すでに「WordPress自動インストール」といった

専用のメニューができていたりします。

 

そのインストール手順に沿って作業をすれば

WordPress(ワードプレス)のインストールを

ほんと一瞬、自動で簡単にできるので、

 

ドメイン取って(後で触れます)レンタルサーバーを借りれば

すぐにWordPressのブログで記事を投稿し始めることも可能です。

 

○WordPress(ワードプレス)特徴3:カスタマイズできるブログを持てる

 

WordPress(ワードプレス)を使ったブログは

基本あなたが所有するレンタルサーバー上のプログラムなので

あなたが何でも自由にカスタマイズできます。

 

もちろんレンタルサーバーの規約などがあるので、

その辺りは各サーバー会社に確認が必要ですが、

 

基本的にはWordPress(ワードプレス)であれば

あなたが自由にカスタマイズできます。

 

つまりWordPress(ワードプレス)を使えば

無料ブログのような勝手に広告がついてしまうとか

サービス提供元の理由で勝手に削除されることもないし、

デザイン(テーマ)も自分で探して付け替えることができます。

 

自分で自由にカスタマイズできるブログが持てる

ということです。

 

WordPress(ワードプレス)のアフィリエイトにおける長所短所

 

WordPress(ワードプレス)の特徴に触れましたが、

あなたがもっと気になっているのは

WordPress(ワードプレス)がアフィリエイトにおいて

どういった長所メリットがあって

どういう短所デメリットがあるのか

だと思います。

 

ということで引き続いて

WordPress(ワードプレス)の長所短所、

メリットデメリットについて触れていきたいと思います。

 

○WordPress(ワードプレス)の長所メリット1:自由度がある

 

WordPress(ワードプレス)であれば

自分所有のブログになりますので、

自分の好きにいろいろできます。

 

無料ブログだとサービス提供元が全てですから、

提供元から「このブログ、削除( ´⊿`)y-~~」

って言われてしまったらそれに逆らうことは出来ません。

 

サービス提供元の広告は消せないという決まりなら

ぜったいにそれを消すことはできませんし、

もし消したとしたら規約違反でブログは削除です。

 

他にもいろいろ規約はありますから

無料ブログを使うとなるとその辺りは

自由に何でもできるとはいかないわけです。

 

特にアダルト系のブログについては

多くの無料ブログサービスでは禁止なので、

アダルト案件でのアフィリエイトをしたい人は

ほぼ確実にWordPress(ワードプレス)での運営を勧めます。

 

○WordPress(ワードプレス)の長所メリット2:勝手に削除されないネット上の個人資産になる

 

長所メリット1でも言いましたが、

勝手に削除されない

というのはかなり大きなメリットになります。

 

たとえば無料ブログで

1,000記事とか書いてあったとしても

サービス提供元が削除と判断してしまったら

もうアウトです。

 

それまでの労力はすべて水の泡。

何も残らず消えてしまいます。

 

WordPress(ワードプレス)は

あなたが持つブログなわけですから、

あなた自身が削除をしない限り

削除されると言うことはありません。

 

あなたの積み上げた記事などはすべて残ります。

 

アフィリエイトの報酬が入ってくれば

そのブログはまさにあなたの資産として

ずっとネット上に残し続けることができる

ということです。

 

○WordPress(ワードプレス)の長所メリット3:長期的なSEO効果が高い

 

無料ブログだと元のサービス提供元が

大手のIT企業だったりするので、

ドメインの力が強くすぐにもSEO効果が出てきたりします。

 

しかし、無料ブログだと最初はいいけど、

だんだんある一定のアクセス数になると

それ以上あがらなくなるような傾向があります。

 

それと違って

WordPress(ワードプレス)の方は、

最初は独自ドメインとして稼働するため、

なかなか検索エンジンから評価されません。

 

※これをエイジングフィルターといいます。

 

でも3ヶ月、半年と運営を続けていくことで

「独自ドメイン」であることから、

逆に検索エンジンの評価が高くなり、

SEO効果がどんどん出てくるようになります。

 

大勢のいるスタジアムであれば

全体として歓声が大きく聞こえてくるけど、

その中で声を上げている一人の声は大勢に埋もれてしまう

 

でもひとり公園のど真ん中で声を上げている人は

最初は誰にも気づかれないかも知れないけど、

長いこと声を上げていたらそっちの人の方が目立ってくる

みたいな感じでしょうか?(わかりづらい?w)

 

とにかく、無料ブログとWordPress(ワードプレス)の

SEO効果としての上がり具合の比較はこんな感じです。

 


 

なので、先ほどの資産化できる部分も含めると

長期的に収益を得続けるのであれば

断然WordPress(ワードプレス)の方がいい

ということです。

 

WordPress(ワードプレス)の短所デメリット

 

ではWordPress(ワードプレス)の短所デメリットについても

触れていきます。

 

個人でブログをもって自由に

ブログ運営ができるWordPressには

とてもメリットの多いものになりますが、

 

その逆のデメリットもないわけではありません。

特にアフィリエイトをする上でのデメリットに触れます。

 

○WordPress(ワードプレス)のデメリット1:ある程度のITスキルが必要

 

WordPress(ワードプレス)は

誰でも簡単にブログが運営できるようになっているので、

比較的簡単に設置できるし、

運営についてもそれほど難しくはありません。

 

とはいえ、

やっぱり完全ゼロ知識の初心者が行うには

ある程度のスキルが必要になります。

 

独自ドメイン、レンタルサーバー、DNS、インストール、FTP

こんな単語が並び始めます。。。

 

苦手な人は苦手ですよね、こういったの。

 

慣れてしまえば問題ないのですが、

最初はなかなかハードル高く感じます。

 

でもこの辺りは詳しくなることはありませんが、

基礎知識として頭に入れておくことが必要です。

 

また、WordPress(ワードプレス)は

カスタマイズがいろいろ出来る分、

まったく何もしなければ本当にシンプル簡素な

ブログにしかなりません。

 

自分で必要なテーマやプラグインを

持ってきて使えるようにする技術もないといけないです。

 

まったくのITアレルギーの人にはちょっと酷かもしれないです。

までも慣れです慣れ。

 

○WordPress(ワードプレス)のデメリット2:日本向けでないことが多い

 

昔よりだいぶ日本向けにもなってきていますが、

元々海外で発展してきたオープンソースなので、

どうしても日本向けでない部分が多いです。

 

たとえば無料でかっこいいテーマがあったとしても

説明がすべて英語でカスタマイズが大変だったり、

 

欲しいプラグインが海外製で

これまた使い方が分かりづらくてイヤになるとか。

 

記事を書くのでも

「フォント」があまり日本向けのものがなく、

あるフォントを使って書いたら漢字変換が変になっていたりとか。

 

そういった使いづらい部分があるのは

さらにハードルを高くしている短所だと思います。

 

○WordPress(ワードプレス)のデメリット3:なかなかSEO効果が出ない

 

メリットのところでは

長期的にはSEO効果が高い

ということをお伝えしましたが、

 

逆に立ち上げ当初はSEO効果が出づらく、

検索上位になかなかならないとか

検索結果にすら出てこないなんてこともあります。

 

しかも検索エンジンに認証されて検索上位になるまでに

3ヶ月や半年、長いと1年くらい上にならなかった

なんてことも聞いた事もあります。

 

そうするとアフィリエイトで報酬が発生するまでに

なかなか結果が出ないので、

イヤになってWordPress(ワードプレス)ブログを辞めてしまい、

アフィリエイト自体を辞めてしまった

なんてこともあります。

 

これは“エイジングフィルター”というのも関係していて、

もともと独自ドメインは取得したばかりの頃は

運営歴が短いため検索エンジンからあまり評価されないのです。

 

そりゃ、ポッとでのブログが

他の数ヶ月、数年運営しているサイトよりも評価を高くするなんて

 

もしあなたが何かの資格を取ろうと思ったとして、

講師歴の長い人に習いたいか

それとも昨日講師になったばかりの人に習いたいか

どちらがいいですか?

 

言うまでも無く経験の長い人の方がいいですよね。

そういった意味合いで考えればいいです。

 

WordPress(ワードプレス)はなかなか

検索エンジンに評価されず検索上位になりづらい

 

というデメリットがアフィリエイターにとっては

悩みどころだと思います。

 

 

 

無料ブログには無料ブログのいいところがあり、

WordPress(ワードプレス)にもワードプレスの

いいところがあります。

 

どちらもその長所メリットを

上手に活用していくことが一番いい方法です。

 

どちらか一方がいいというわけではなく、

どちらも大事だしどちらもアフィリエイトで

十分収入を手に入れていくことも可能です。

 

あとはそれをどのように組み合わせていくか

その辺りはまた別の記事で詳しく話していきます。

 

 

さらにここからWordPress(ワードプレス)の設置方法や

使い方などを書いていこうと思っていたのですが、

だいぶ記事も長くなってしまったので、

今回はここまでにしておきましょう(^_^;)

 

次回、より具体的な

WordPress(ワードプレス)の設置方法と

WordPress(ワードプレス)の使い方について

触れていきたいと思います。

 

では里見でした。

 

 

タグ :     

アフィリエイト基礎知識 WordPress アフィリエイト基礎知識