アフィリエイト初心者でもブログを資産化して構築し、副業でも月10万円安定して稼ぐ戦略と戦術&思考法

ブログを資産化し安定した月10万円を稼ぎさらなる自動収益を構築する戦略と戦術

アフィリエイト初心者にもできるブログ記事の書き方5ステップ

里見です。

 

さて、前回は読みやすい記事を書く時の7つのポイントをご紹介しました。

復習をしておきましょう。

 

【読みやすい記事を書いていく7つのポイント】

1.読者から信頼してもらえることを意識する

2.読者が求めている情報を書く

3.誰が読んでも分かりやすい

4.単なる日記にならない

5.読者の時間を大切に考える

6.読者にストレスを与えない

7.あやふやな書き方はしない

 

詳細はこちら

↓    ↓    ↓

読みやすい記事を書いていく7つのポイント

 

 

これは意識できるかどうかですから、

なかなか身につきづらい部分かもしれません。

 

なので、自分の記事を書き終わったら、

必ず一度は記事を見直してみましょう。

 

誤字脱字なども読みづらくなる原因の1つなので、

しっかりチェックするようにしましょう。

 

ちなみにネット上のサービスにこういったのがありますので、

必要でしたら使ってみてください。

 

「日本語の文章のタイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェック/校正」

https://enno.jp/

※使い方の注意事項をしっかり読んだ上で利用するようにしましょう。

 

 

■読みやすく読者に反応を取れるブログ記事の文章を書く手順■


 

記事を書いていくために、

書く内容は情報収集してだいたいまとまっているんだけど、

どうやって記事を作りあげていけばいいのかが分からない、

という人もいるでしょう

 

そこで、できるだけアフィリエイト初心者でもできるような

記事を作っていく手順をお伝えしましょう。

 

◆初心者でもできるブログ記事を作る手順◆

 

前提としてはだいたい記事で書く内容は分かっていること。

 

まだ何を書いていいか全く分かっていないという場合は、

もう一度商品紹介ページの熟読と、

ネットや本などから必要な情報をリサーチして、

商品の特徴やメリットなどをしっかり把握した上で

自分の書こうと思う内容を書き出しておいてくださいね。

 

ということで、ブログ記事を作る手順は

以下の5つのステップでやっていきましょう。

 

【初心者にもできるブログ記事の書き方5ステップ】

1.結論を決める

2.内容を先に箇条書きにする

3.箇条書きにした内容1つ1つを膨らませる

4.記事をひと通り書いてみる

5.タイトルを考える

 

ではこの手順を1つ1つに触れていきます。

 

1.結論を決める
 

ある程度ブログ記事に書く内容がまとまっているのであれば、

先にブログ記事で一番書くべきこと、あなたが言いたいこと、

つまり結論を決めておきましょう。

 

最初に結論を書いておくことで、

その記事の内容もその結論に向かって書いていくことになるので、

文章全体が一貫性のある記事になります。

 

記事内容に一貫性があることも読者から信頼を得るためには大事なことです。

 

特にブログ記事の中で、何を言いたいのかさっぱり分からないと、

読者も何を言いたいのか、分からなくてそれ以上読みたいとは思えないです。

 

たとえばこんな文章だとどうでしょう。

 

【悪い文章例】

今年の夏はかなり暑くなるっていう噂になっているんですが本当でしょうか。

ニュースでも毎日のように取りあげていて、暑さ対策もしっかりするように注意する意見も増えてきていますね。

私は海に行こうと思っているのですが、去年までの水着が入るかどうかすっごく不安です。

水着が入らないと何とかして今年の夏こそ待望の彼氏を作りたいのに、それもうまくいかないことになってしまうもん!

とはいえ、これまで何度もダイエットを試してきたのに、全然うまく行かなかったから、なかなかダイエットに踏み切れなかったりしますから。でも「糖質制限ダイエット」なら私でもできました。そんな糖質制限ダイエットって本当に素晴らしいと思います。

 

 

上の記事は何となく「糖質制限ダイエット」の話をしたいんだろうな、

とは思いますけど、だいぶ分かりづらいですよね。

 

まず何をこの記事の中で言いたいのか、結論を決めていないから、

いろんな話題に話がふらついてしまっているわけです。

 

そうならないためにも、何よりまず結論を書く。これが大事。

 

しかも結論がはっきりしていないと、

この後の記事内容も何となく書いてある文章になってしまいます。

 

なので、最初に1つしっかり結論を決めてから

記事を書いていくようにしましょう。

 

 

  • 結論は何?
 

ブログ記事の結論はまさに

「読者が知りたいと思っている情報」

そのものです。

 

ブログの記事が読者の知りたいことそのものであれば、

その記事の内容をしっかり読むことになります。

 

読者の反応を取るためにも、結論は読者が知りたい情報となるのが理想です。

 

もちろん結論をあなたの意見ということで書いてももちろんいいのですが、

結論が読者の求めている情報になっていることが望ましいです。

 

では、先ほどの例文でいえば、

この書き手が書きたいネタとしては

『糖質制限ダイエット』のはずです。

 

しかし、読者もしくはブログに来て欲しいターゲットが

知りたいと思うことは何でしょうか。

 

1つとしては

「糖質制限ダイエットの良い点やダメな点を知りたい」

という人が狙い目になりそうですね。

 

なので、この記事の結論を

「糖質制限ダイエットの特徴(メリットとデメリット)」にしてみましょう。

 

ブログに訪れた読者も糖質制限ダイエットに興味があれば、

しっかり読もうと思いますからね。

 

 
  • 結論は1つの記事に1つ
 

なお、結論は原則1つの記事の中に1つと考えておきましょう。

 

ここではひとまず「糖質制限ダイエットの特徴(メリットデメリット)」

という結論を決めたわけですから、

それ以上の結論はなくていいのです。

 

もしつけるとしても、

補足情報ということで付け足しくらいにするのが無難です。

 

1つの記事の中にいくつも結論があると、

読んでいるブログ読者もこの記事で何が言いたいのか

分かりづらくなってしまいます。

 

そして、分かりづらい記事は読みづらい記事になるので、よくないですね。

 

なので、1つの記事の中では原則、結論は1つにするように心がけてください。

 
2.内容を先に箇条書きにする
 

結論が決まったら次は内容を書いていくのですが、

いきなり何でもかんでも書いていってしまうと、

当然まとまりのない文章になってしまいます。

 

もしくは何を言いたいのか分からない記事になってしまって、

読者には何が伝えたいのかが分からない、

ということになってしまいます。

 

なので、最初に自分でも分かりやすくするために、

箇条書きで何を書くかを示してしまうのです。

 

そうすることで、ひとまずいくつ何を書けばいいのかが分かりやすくなるので、

初心者の人にとっても文章を書きやすくなるはずです。

 

先ほどの例で書きたいと思われる内容を箇条書きにしてみましょう。

 

・今年の夏はかなり暑くなる

・去年までの水着が入るかどうか不安

・今年の夏こそ待望の彼氏を作りたい

・何度もダイエットを試してきたのに全然うまく行かなかった

・なかなかダイエットに踏み切れない人が多い

・私は糖質制限ダイエットならできた

・糖質制限ダイエットって本当に素晴らしい

 

箇条書きにしたらこのようになりました。

 

このように箇条書きにすると、

自分でも何を書こうとしているのかも分かるし、

本当にブログ記事に書くべき内容もはっきりしてきます。

 

 

で、この記事の結論は「糖質制限ダイエットの特徴(メリットデメリット)」でしたね。

 

内容としては「糖質制限ダイエットの特徴(メリットデメリット)」を書けばいいわけです。

 

それもよく分からない、ということであれば、どんどんリサーチです。

ネットや本などを調べまくって情報を収集していきます。

 

もちろんあなたが実践した経験があれば、

その経験も踏まえて内容を考えるといいです。

 

で、リサーチなどで集めた情報から、

記事内容を箇条書きにまずはしてみます。

 

【記事内容箇条書き】

・糖質制限ダイエットの特徴 

・糖質制限ダイエットのメリット 

どんな効果が糖質制限ダイエットにあるのか 

・糖質制限ダイエットのデメリット 

糖質制限ダイエットにある注意点とは 

 

ちなみに

僕は糖質制限ダイエットなんてやったことがないので、

内容はよく知りませんw

 

書くとすればリサーチをしていくとこのような内容かな、と。

 

GoogleとかYahoo!とかで「糖質制限ダイエット」で検索すると、

キーワードの候補が出てきますから、

そこからだいたい触れておくべき内容も絞り出せます。

 

 

このようにして、

まずは書いていく内容を箇条書きにしてあらかじめ、

記事内容の流れを頭に描いておきましょう。

 

そうすることで、

書く時も一つ一つ書くべき事が分かっているので、

リサーチもしやすいし、記事を書く早さもグッと早くなります。

 

しかも、リサーチでしっかり読者の知りたい内容を詰め込んでいけるので、

かなり読者の反応もよくなりますからね。

 

3.箇条書きにした内容1つ1つを膨らませる
 

ここから内容をより詳しく書くことになっていきます。

箇条書きに文章を肉付けするということです。

 

もし箇条書きだけで書いていたとしたら、

読者は詳しい内容がほとんど分からないままになってしまいます。

 

だからこそ、内容の詳細を書く必要があるわけですけど、

そこには読者目線に立ってより反応を示してもらえる内容の書き方があります。

 

それが、読者が抱く

「何」「なぜ」「どのように」という感情に対して答えていく

という書き方です。

 

読者はブログだけでなく、あらゆる文章を読んでいる時、

 

-「何が」結論なのか、「何を」すればいいのか

-「なぜ」その内容を書くのか、「なぜ」その結論になるのか

-「どのように」すればその結論に辿り着くのか

 

こういったことを考えながら読んでいます。

 

なので、ブログ記事の内容も、

読者がブログを読んでいる時に抱く

「何が(何を)」「なぜ」「どのように」に答えられるように書いていくことで、

内容を充実させることができる、

というわけです。

 

しかも、

きちんと読者の持つ疑問に答えていくということは、

結果として文章が読者にきちんと届き、

結果として読者に信頼してもらえる文章になっていくわけです。

 

 

そこを踏まえて、先ほど箇条書きにした内容を膨らませていきます。

 

【記事内容箇条書き】

・糖質制限ダイエットの特徴 ⇒ 糖質制限ダイエットはどういったものか

・糖質制限ダイエットのメリット ⇒ なぜ糖質制限ダイエットがいいのか答える

どんな効果が糖質制限ダイエットにあるのか ⇒ 何が糖質制限ダイエットでいいのか答える

・糖質制限ダイエットのデメリット ⇒ なぜ糖質制限ダイエットでも痩せない人がいるのか

糖質制限ダイエットにある注意点とは ⇒ 糖質制限ダイエットをする上で注意すべき点は

 

このような感じです。

 

後は必要な情報をネットや本などを頼りに探していけばいいのです。

 

4.記事をひと通り書いてみる
 

箇条書きから内容の肉付けまでできてきたら、

もうほとんど記事が書ける素材は揃ったと言えるでしょう。

 

ここでいつまでも完璧を求めすぎて、散々調べまくるよりも、

ある程度記事が書けそうなら、どんどん書いていきましょう。

 

とはいっても、まだ実際にブログに公開するのではなく、

下書きとして、ワードやメモ帳などに書いておいて、

出来上がったらそのまま文章をブログ記事へコピーするようにすればいいですね。

 

 

記事内容をいろいろとリサーチしてきていると思いますが、

もちろんリサーチはあくまでリサーチですから、

文章を書く時は、どこかのブログとかの記事をコピーすることなく、

あくまで自分の言葉で書いていくようにしましょう。

 

やっぱり文章を書くのは自分で書く方がいいです。

 

最初のうちは上手く書けない、へたくそで嫌だ、とか思うかも知れませんが、

どんどん文章は書いているうちにあなたらしい書き方みたいなのが出てくるんですね。

 

そうなると、そのブログの味みたいなものになってきて、

記事数を増やしていくうちに、文章が上手ではなくても、

自然とファンもできてきたりして、

気がつけば資産型のブログになっていたりするものです。

 

なので、下手とかどうとか考えず、とにかく文章を書いていきましょう。

 
5.タイトルを考える
 

文章が書けて、見直しもできて、いよいよブログへ公開しよう、

という段階で非常に大事な作業が残っています。

 

それが、記事のタイトルです。

 

「記事タイトル8割、本文2割」といわれるくらい、

記事のタイトルは重要なんです。

 

なぜなら、検索エンジンをつかってキーワードで検索した結果というのは、

記事のタイトルがメインで表れます。

 

なので、記事のタイトルがあなたのターゲットやその他の読者になり得る人に、

興味をもってもらえるようなタイトルでないとイケないわけです。

 

そういう意味では、

この記事タイトルの部分は「コピーライティング」を学んでいれば、

とても有効に活用できるスキルでもありますね。

 

でもコピーライティングのスキルがなくても問題ありません。

 

アフィリエイト初心者でも、

まずは以下の3つを意識することで

読者の目を引く記事タイトルをつけることができます。

 

【読者の目を引くタイトルを書くコツ】

1.記事のメインとなるキーワードを必ず入れる

2.20文字以上35文字以内を意識する

3.印象強い単語や数字を入れる

 

これらはコピーライティングの1部でもあるんですが、

この3つを意識すると、検索エンジンの結果に出た時に

クリックされやすくなります。

 

1つ1つ説明しておきましょう。

 

  • 1.記事のメインとなるキーワードを必ず入れる
 

検索したキーワードに関して探しているわけですから、

当然そのキーワードが入っていることで、

読者が探している情報がありそうだ、

と思ってもらえることになります。

 

もし「糖質制限ダイエット」というキーワードで検索しているのに、

「ヨガのダイエット方法」みたいな記事タイトルが出てきたとしたら、

あなたはその検索結果をクリックしたいとは思わないでしょう。

 

間違いなくその記事のメインとなるキーワードは

きちんと入れるようにしましょう。

 

 
  • 2.20文字以上35文字以内を意識する
 

これは検索結果に出てきた時の

「表示される青い文字の長さが28文字」

だからです。

 

28文字に届かないような短いタイトルだと、

読者が何の記事だか分かりづらい上に、

興味深いタイトルはつけづらいですね、実際。

 

たとえば、

「糖質制限ダイエットの良い点悪い点」

とかだと、的確ではありますが、あまりパッとしませんよね。

 

それだったら、

「3ヶ月でマイナス10kg!?糖質ダイエットのメリット・デメリット」とした方が、

記事に書かれている内容が最初のタイトルよりずっと分かりやすく、

「あ、ここだったら自分が求めている情報があるかも」

と思ってもらいやすいですよね。

 

 
  • 3.印象強い単語や数字を入れる
 

今のところの記事タイトルの例でも出しましたが、

数字とか印象に残るような言葉をタイトルに入れておくと、

クリックされやすいです。

 

ある研究で数字を入れた文章と数字を入れない文章での、

反応するテストをしたそうですが、

3割ほど数字を入れた文章の方が、反応がよかった

 

なんてデータもあると聞いた事があります。

 

なかなかいきなり数字を入れるというのは難しいかもしれませんが、

自分もいろいろな記事を書いてきていて、

やっぱり数字を入れたタイトルにアクセスが多かったりしているので、

入れられるなら入れた方がいいです。

 

 

『印象強い言葉』といってももしかしたら

イメージしづらいかもしれませんが、たとえば、

 

「強力な」「衝撃」「上昇」「ぜったい」「仰天」「驚愕」「無料」「フリー」「激安」「限定」「少数」「レア」など

 

こういった単語を使えるなら入れましょう。ということです。

 

ただし、あまりにこれらの単語を使いすぎると、

逆に検索エンジンからペナルティをくらうこともあるようなので、

使う場合はよく考えて使いましょう。

 




 

ここまでで、読者に良いと思われる記事の書き方の手順をお伝えしました。

 

けっこう具体的な流れになっているので、

これまで記事が上手く書けていなかったという人も、

だいぶ記事を書きやすくなったんじゃないかと思います。

 

ライティングスキルというのは、

なかなかすぐに身につくものではありません。

 

何度も何度も繰り返し書いていくことでアップしていくものです。

こればかりは裏技はないですね。

 

でも、ここでお伝えした書き方の手順なら、

アフィリエイト初心者の人であっても、

より簡単に記事を書いていくことも可能になっているので、

 

この手順を参考にどんどん記事を書いていって、

最終的にはあなたらしいブログ記事の文章というのを、

自然に書いていけるようになると最高ですね(o^^o)

 

 

ということで以上里見でした。

 

 

 

タグ :   

アフィリエイト基礎知識 ライティング